3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

耐熱ガラス食器の秘密 ガラスのお話

ガラスには、さまざまな種類があります

ひとくちにガラスといっても、種類はさまざま。その特色を理解し、用途によって使い分けることがポイントです。


iwaki耐熱ガラス食器には、ふたつの成型方法があります

同じ耐熱ガラス食器なのに、厚さや耐熱温度差が違う…と感じられたことはありませんか?これは成型方法が違うからです。


ガラス製品を長くお使いいただくコツ

ガラスは、引張り応力により破損します。耐熱ガラスを含めガラス製品を長く安心して使うためには、金属でたたいたり、陶磁器等硬いものとぶつけたり、研磨剤入りスポンジでこすったりなどせ ずに、できるだけキズをつけないようにすることが大変重要なポイントになります。
ガラスを含めほとんどの物質は、加熱され温度が上がることによって膨張し、冷やされることによって収縮します。熱による破損は、ほとんどの場合急冷や急加熱により発生します。耐熱ガラスは、熱による膨張・収縮が非常に小さくなっているため、この膨張・収縮による各応力の発生を小さく抑えることができ、熱に強くなります。

ガラスが割れる時は、必ず引張り応力側の面についたキズを起点として破損します。

キズが強い(深い)ほど小さな応力で破損します。キズは使用を繰り返すうちに成長し(深くなっていく)、ガラスの強度は低下します。

機械的な衝撃・力による破壊

熱衝撃(急冷)による破壊

耐熱ガラスの見分け方

家庭用品品質表示では

●耐熱ガラス製器具 ……… 120℃以上 400℃未満
●超耐熱ガラス製器具 …… 400℃以上
材質は硼珪酸ガラス製又はガラスセラミック製であるもの



と定められています。
外見では見分けられませんので、取扱説明書の品質表示をご確認ください。

耐熱温度差とは?

その商品が耐えうる温度を示すものではありません。ガラス部分(部品を除く)を一定温度に定めた恒温器中に30分間保持し、ガラス部分が均一な温度に保持されたところで取り出し、直ちに冷水中に1分間浸してガラスが割れない温度差を示すものです。



つまり、耐熱温度差の数値が大きいほど熱に強いガラスだといえます。

取り扱い上の注意

取り扱い上の注意点は下記からご確認ください。


iwaki 耐熱ガラス食器を安全にご使用いただくために

いつもiwaki耐熱ガラス食器をご愛顧いただきありがとうございます。
iwaki耐熱ガラス食器を、安全安心にご使用いだくためのガイドについて、下記の通りまとめましたので、ご参照下さい。


1、ご使用前に

1)商品の安全確認
iwaki耐熱ガラス商品は、社内基準に基づいた検査を実施後、細心の注意を払って梱包配送しておりますが、万一に備え、ご使用前に以下についてご確認お願いします。
★縁や注ぎ口にヒビ、カケ等がないか
★大きな泡やスジ、突起物等がないか
★その他ご使用時に割れやケガの可能性がありそうな欠点がないか
★製品の底部分には製造上小さな凹凸が発生する場合があります。キズつきやすいテーブル上やキッチンでは布巾などを敷いてご利用ください。
気になる点がごさいましたら、ご使用前に下記弊社お客様サービスセンター宛てご連絡下さい。

2)ご使用前の洗浄
密閉外装ではありませんので、使い始めは、中性洗剤等で洗浄してからご使用下さい。

3)ご使用方法の確認
同封の取り扱い説明書を読み、ご使用方法や注意事項をご確認下さい。
iwaki耐熱ガラス食器は、製品によりオーブン用、電子レンジ用、熱湯用に区分されます。
それぞれの使用区分に応じた注意・禁止事項を取り扱い説明書でご確認下さい。


2、ご使用中に

耐熱ガラス食器は、熱に強いガラスであり、衝撃に強い強化ガラスとは異なります。
耐熱ガラスは割れやすいものです。以下の注意を守り、丁寧にお取り扱い下さい。
また、お子様がご使用になる時は、細心の注意を払い、取扱注意事項をご指導ください。

1)傷がついたガラス食器はご使用にならないでください
ガラス食器に、ヒビ、カケ、強いスリ傷の入ったものは、破損する場合がございます。
ご使用せずに廃棄してください。特に長期間使用したものは、ご注意下さい。

2)ご使用時の取り扱いに気を付けてください
スプーン等固いもので強くたたいたり、擦ったりすると傷がつき破損の原因になります

3)洗浄時に気を付けてください
洗浄時、縁を持ち内側から力を入れてひねり洗いをすると、破損してケガをすることがありますのでご注意ください。
洗浄する際は、やわらかいスポンジに台所用洗剤をお使いください。
研磨剤入りナイロンたわし、金属たわしや粒子の洗いクレンザー等を使用しますと、ガラス食器が傷つき、破損する原因となりますので使用しないで下さい。
汚れがひどいときは、こすらず、「台所用漂白剤」をご使用ください。
その際、「台所用漂白剤」の取り扱い注意事項を守り、漂白後は水洗いをしてください。


3、破損・廃棄した場合

1)破損時の注意
破損したガラス食器は、鋭利な破片となり、ケガをする恐れがあります。
破片のお取り扱いには十分ご注意下さい。

2)廃棄するときの注意
iwaki耐熱ガラス食器を廃棄する時は、ガラスびんのリサイクルに混入しないで下さい。(ガラス成分が異なるため)
各自治体の指示に従って、廃棄してください。


ご不明点等ございましたら、ページ下のお問合せ先にご連絡ください。


4、よくあるご質問

  • Q
    耐熱ガラスは割れにくいガラスなのですか?
    A

    耐熱ガラスは、熱湯を注ぐなどの急激な温度変化には強いガラスですが、ぶつけたり落としたりといったような衝撃に強い強化ガラスとは違います。
    普通のガラス食器と同じように、お取り扱いには十分気をつけてお使いください。

  • Q
    耐熱温度差120℃と書いてあるが、オーブン用でも120℃までしか耐えられないのでしょうか?
    A

    耐熱温度差と耐熱温度は違います。耐熱温度差とは高温にしたガラスを水中に投入して急冷させた時、破損に耐えうる温度差のことです。
    iwakiのオーブン用のガラスでしたら、ご家庭用のオーブン(300~350℃程度)で安心してお使いいただけます。
    但し、オーブン加熱した耐熱ガラスを濡れ布巾で持ったり、 濡れたところに置くと部分的に急激に冷やされ、耐熱温度差を超えて破損することがございますので、お取扱いには十分ご注意ください。

  • Q
    冷凍庫に入れても大丈夫ですか?どんな食品なら冷凍できますか。
    A

    空のガラス容器を冷凍庫に入れても問題ありませんが、中に水分を多く含む食品を入れますと、凍る過程で体積が増え、ガラスが割れることがあります。
    水などの液体を入れた場合、容器に半分だけ入れたとしましても、360度あらゆる方向に膨張する為、ガラスが破損してしまいます。

    生の肉、魚、水気を切った茹で野菜、煮物(なるべく汁を入れない)などは冷凍可能です。
    ごはんは冷凍できますが、水分が多い為に凍る過程で膨張するため、ひと手間が必要です。
    ごはんが温かいうちに、軽くおにぎり状にして入れてください。
    フタ付きの保存容器でしたら、温かいごはんを入れ、フタをして上下左右によく振っていただきますと、中央にごはんが集まってガラスとごはんの間に空間ができますので、この状態で冷凍してください。

  • Q
    冷凍庫に入れていた物を、取り出してすぐにレンジにかけても大丈夫ですか。
    A

    大丈夫です。レンジ加熱はオーブン加熱と違い、食品だけが温められます。その時器も熱くなりますが、器は食品の温度が伝わって熱くなっていきますので、部分的な温度差は生じません。

  • Q
    酢のものや、梅干しなど塩分が強いものを入れて保存して大丈夫ですか。
    A

    耐熱ガラスは酸や塩に強いガラスなので問題ありません。但し一部の製品のプラスチックのフタは、みかんやレモンなどの柑橘類に含まれる成分によって変形する場合がありますので、柑橘類を入れる際は、取扱説明書をご確認ください。

  • Q
    ガラスを蒸し器に入れて良いですか。
    A

    蒸し器でもご使用いただけますが、プラスチックのフタは劣化が早まりますので、フタを外してご使用ください。

  • Q
    オーブン用の器は、オーブントースターでも使用できますか。
    A

    オーブン用の器はオーブントースターで使用できますが、熱源から3~4cm離れていることをご確認ください。
    熱源に近すぎると直火と同じ状態になり、破損する危険がございます。

  • Q
    IH調理器、魚焼きグリルで使用できますか。
    A

    ガラスはIH調理器に反応しません。
    直火でのご使用はできませんので、魚焼きグリルではご使用いただけませんが、電子レンジのグリル機能でしたらご利用いただけます。

  • Q
    熱湯消毒はできますか。
    A

    ガラス本体、フタどちらも沸かしたお湯をかけて消毒することができます。

  • Q
    レンジでカラメルソースを作っていたら割れてしまいました。
    A

    耐熱ガラスを使って電子レンジでカラメルソースを作ることはできません。
    容器の中で高温(160℃~200℃)になったカラメルソースが触れている部分と触れない部分に温度差が生じて、熱破損する原因になります。

  • Q
    レンジOKのフタなのに、レンジにかけたら溶けた。どういうことでしょうか?
    A

    理由として2点考えられます。
    1、電子レンジ以外のモード、自動モードで加熱すると高温になりフタが溶ける場合があります。
    2、加熱する食品の成分や油によって異常加熱され、温度が上がり、フタが変形する場合があります。
    ※電子レンジの取扱説明書をよく読んでご使用ください。

  • Q
    耐熱ガラスをレンジ(オーブン)に入れたら割れてしまいましたが・・・
    A

    ご使用の過程でキズがつきますと、キズが原因で加熱によってガラスが割れる場合があります。
    取扱説明書に従って、できるだけキズをつけないようにお使いください。

  • Q
    冷凍庫から出した凍ったままの食品をオーブン用のガラスに入れ、180℃に熱したオーブンに入れたら割れてしまった。ガラスは食器棚から取り出したばかりなのに、何故割れたのですか?
    A

    ガラスが常温でも、凍った食品が乗っている箇所は冷やされており、なかなか温度が上がりませんが、
    食品が触れていない箇所はどんどん高温になるため、器の中で熱される箇所と冷やされる箇所ができ、耐熱温度差以上の温度差が生じて割れたものです。

商品一覧


耐熱ガラス 保存容器
耐熱ガラス ボウル
耐熱ガラス カップ