耐熱ガラスとは? 熱に強い理由やおすすめの耐熱ガラス容器をご紹介のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビューキャンペーン実施中!

耐熱ガラスとは? 熱に強い理由やおすすめの耐熱ガラス容器をご紹介

耐熱ガラスとは? 熱に強い理由やおすすめの耐熱ガラス容器をご紹介

窓や食器、家具など、ガラスは日常の多くの場面で使われていて、生活に欠かせない材料のひとつです。ガラスの中には「耐熱ガラス」と呼ばれるものがありますが、普通のガラスとどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、耐熱ガラスの特長や長く使うためのコツ、iwakiおすすめの耐熱ガラス製容器などをご紹介します。


耐熱ガラスとは?

耐熱ガラスとは?

日常的に使用されているガラスには、「ソーダガラス」「強化ガラス」「クリスタルガラス」などの種類があり、それぞれの持つ特長によって用途が異なります。では、耐熱ガラスはどのような特長を持っているガラスなのでしょうか。

耐熱ガラスの特長

ガラスは、透明・力が加わると割れる・空気や電気、液体を通さないといった特長を持っています。耐熱ガラスは、普通のガラスと原料が違い、熱膨張率を低くすることで温度変化に強くし、加熱や冷却にも耐えられるようにしたものです。

温度変化に強い耐熱ガラス製の容器を活用すれば、冷蔵庫から取り出した食材をそのまま電子レンジで温めたり、容器の中で食材を混ぜ合わせてそのままオーブンに入れて加熱したりして、料理の手間を減らすことができます。

また、酸やアルカリに耐久性を持ち、匂いや色移りがしにくく、油汚れも落としやすいのも耐熱ガラスの特長で、料理を入れるのに適した容器だといえるでしょう。

耐熱ガラスが耐えられる温度

耐熱ガラス製の容器は、耐熱温度差(熱衝撃性)が120℃以上という基準を満たしています。熱温度差とは、高温に加熱したガラスを冷水などに入れて急速に冷やした際にガラスが割れない温度差のことで、数字が大きいほど熱に強いガラスといえます。

例えば、200℃のオーブンで容器を加熱した直後に、10℃の水で冷やしても割れない場合、その容器の耐熱温度差は190℃ということになります。

耐熱ガラス製の商品は電子レンジ用やオーブン用など用途に応じて分けられていて、使用区分に応じた使い方をしないと破損する恐れがあります。使用前に、ラベルや注意書きを確認するようにしましょう。

ガラスが熱で割れてしまうのはなぜ?

ガラスが熱で割れてしまうのはなぜ?

ガラスが割れる理由は大きく分けて二つ。一つ目は機械的な衝撃による割れ。落としたり、ぶつけたりした時に力が加わった衝撃で傷が入り割れてしまいます。

もう一つは熱衝撃による割れです。ガラスには「熱が伝わりづらい」という特長があり、加熱による急激な温度変化が起こると、熱くなる部分と冷えたままの部分に分かれます。熱い部分は熱膨張を起こし体積が大きくなりますが、冷たい部分は膨張しません。その境目に、ガラスを左右から引っ張る力が発生するため、ガラスがヒビ割れてしまいます。

冷やしたガラスに熱湯をかけたり、逆に熱くなったガラスを冷水につけたりすると割れることがあるのは、この引っ張る力が理由です。耐熱ガラスは熱による膨張率が小さく力の発生を抑えられるため、熱に強いのです。

耐熱ガラス製の容器をより長く使うためのコツ

耐熱ガラス製の容器をより長く使うためのコツ

熱に強いとはいえ、耐熱ガラスも熱膨張や収縮がまったく起きないわけではなく、ごくわずかに膨張・収縮しています。

ガラス面に深い傷ができていると、その傷を起点として熱膨張や収縮による力で破損しやすくなるため、硬いものとぶつけたり研磨剤で擦ったりすることは避けましょう。表面にできるだけ傷をつけないように使うことが、耐熱ガラス製の容器を長持ちさせるためのコツです。

iwakiおすすめの耐熱ガラス製商品

耐熱ガラスを使用した耐熱容器は豊富な種類の商品が販売されています。ここでは、iwakiおすすめ耐熱ガラス製商品をいくつかご紹介します。

メジャーカップ

メジャーカップ

目盛りが付いていて、ドレッシングやタレを混ぜたり、調味料を計量したりする際に役立つメジャーカップです。電子レンジに対応しているため、カップの中で計量したものをそのまま温めることもできます。
取手付きのものは、電子レンジ加熱や熱湯を注ぐ際も掴みやすく便利です。

コーヒーポット

コーヒーポット

アイスコーヒーもホットコーヒーも入れられる、使い勝手の良いコーヒーポットです。ガラス製なので匂いや色移りの心配が少なく、ホットコーヒーが冷めてしまった場合は電子レンジで温め直すこともできます。
ドリップサーバータイプも電子レンジや食洗機に対応しているので、好みに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

パックぼうる

パックぼうる

フタをして冷蔵・冷凍保存できる便利なボウルです。フタをしたまま電子レンジで加熱可能で、フタを外せばオーブンで使用することもできます。汚れに強いガラス製で、丸形で角がなく洗いやすいなど、お手入れのしやすさも魅力です。
また、サイズ違いのパックぼうるは入れ子にでき、冷蔵庫に入れる際は積み重ねられるため、収納の際に場所を取ることもありません。

電子レンジやオーブンをよく使うなら耐熱ガラス製の容器がおすすめ

耐熱ガラスで作られた容器は、電子レンジやオーブンで温めることができるので便利です。耐熱容器にはガラス製以外にも陶器やプラスチックで作られたものがありますが、ガラスは汚れや匂いが付きにくいという特長があるため、清潔に使い続けることができます。

電子レンジやオーブンといった調理家電を料理の際に活用したい方や、洗い物や食材の下ごしらえの手間を減らして手軽に料理を行いたい方などは、耐熱ガラス製の容器を選んでみてはいかがでしょうか。