コーヒー豆は保存容器で保存しよう。選び方や保管のコツをご紹介のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

コーヒー豆は保存容器で保存しよう。選び方や保管のコツをご紹介

コーヒー豆は保存容器で保存しよう。選び方や保管のコツをご紹介

コーヒーにこだわりを持っていて、自分で豆を挽いてコーヒーを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
自宅でもお気に入りのコーヒーをおいしく楽しみたい場合は、コーヒー豆を挽くためのアイテムや淹れ方だけでなく、コーヒー豆を保存する容器も重要です。コーヒー豆の風味を長持ちさせるために、「キャニスター」と呼ばれるアイテムを用意しておきましょう。
この記事では、コーヒーキャニスターの選び方やiwakiの耐熱ガラス製キャニスターについてご紹介します。


コーヒー豆は正しく保管することが大切

コーヒー豆は正しく保管することが大切

コーヒー豆は温度変化や湿度、光や空気に触れるといったさまざまな理由から、焙煎した直後から味や香りが劣化していきます。
また、コーヒー豆は細かい穴が多く空いている「多孔質」という構造をしているので、水分やにおいを吸着しやすいという特徴もあるなど、非常に繊細です。

コーヒー豆の鮮度を保ち、少しでも長くおいしいコーヒーを楽しむためには、密閉された容器に入れ、暗い場所に保管しておくなど、保管方法にも気を配る必要があります。

コーヒー豆は保存容器(コーヒーキャニスター)に入れて保存しよう

コーヒー豆は保存容器(コーヒーキャニスター)に入れて保存しよう

コーヒー豆の保管には、コーヒーキャニスターという保存容器を活用しましょう。コーヒーキャニスターとは、コーヒー豆の鮮度を保つために使う密閉性に優れた保存容器のことです。
ガラス製をはじめ、金属やプラスチックなど、いろいろな素材から作られていて見た目がおしゃれなアイテムも多く、インテリアとして活用しやすいのもポイントです。

コーヒー豆を袋のままキャニスターに入れ、冷蔵庫などの冷暗所に保管しておけば、最長で1ヶ月程度は味の劣化を抑えることができます。
できるだけ早めに飲み切るのが好ましいとはいえ、おいしいコーヒーを長く楽しむためには、コーヒーキャニスターを用意しておくと便利です。

コーヒーキャニスターの選び方のポイント

コーヒーキャニスターの選び方のポイント

劣化しやすいコーヒー豆をしっかりと保存するためには、キャニスターの選び方が重要です。コーヒーキャニスターを選ぶ際に意識したいポイントをいくつかご紹介します。

サイズはコーヒーを飲む頻度に応じて考える

コーヒーキャニスターを活用して、コーヒー豆の劣化スピードを遅らせることはできますが、劣化そのものは避けられません。おいしくコーヒーを飲みたい方は、焙煎後はできるだけ早く飲み切ってしまうのがベストです。
香りや風味の劣化が大きくなるのは焙煎後2週間頃からとされているので、2~3週間で飲み切れるコーヒー豆が入るかどうかを目安にサイズを選びましょう。

コーヒー1杯に使用する豆の量は、淹れ方や好みによる個人差はあるものの、一般的には12g前後です。毎朝コーヒーを1杯飲む一人暮らしの方の場合、2週間で約170g程度のコーヒー豆を消費する計算になります。

コーヒー豆100gの体積は300ml程度なので、容量600~700mlのコーヒーキャニスターを用意しておくと、ちょうど2週間前後で飲み切れる量を保存できます。

密閉性が高い容器がベスト

コーヒー豆は空気に触れることで酸化し劣化するので、できるだけ密閉性が高い保存容器に入れておくことが大切です。密閉性の高いものなら、湿度変化などから豆を守ることができます。

そのためコーヒーキャニスターは、フタにシリコン製のパッキンがついている、フタが2重構造になっているなど、少しでも密閉性を保てるものがおすすめです。コーヒー豆の劣化を防ぐだけでなく、他の食品などのにおい移りも気にせずに保管できます。

キャニスターの素材も確認しよう

コーヒーキャニスターには、ガラスや陶器、ステンレス、ホーロー(琺瑯)など、さまざまな素材が使われています。それぞれ特徴や機能性が異なるため、何で作られているかも確認して選ぶようにしましょう。

例えば、ステンレス製や木製の容器は遮光性に優れていますが、金属や木特有のにおいがコーヒー豆に移ってしまう恐れがあります。
ガラス製は密閉性が高く、空気による酸化やにおい移りを気にせず済みますが、透明で光を通しやすいので、遮光性が高い場所に保管する必要があるでしょう。

キャニスターの素材によって使用時に注意したい点が変わるため、コーヒー豆を保存する環境やどれくらいの期間で使い切るのかなどを踏まえて、素材を選ぶことが大切です。
また、キャニスターをインテリアとしても活用したい場合は、キッチンに置いた際に違和感がないかなども考えておくと、他のインテリアと調和しやすいのではないでしょうか。

コーヒー豆の保存におすすめ! iwakiの耐熱ガラス製キャニスター

コーヒー豆の保存におすすめ! iwakiの耐熱ガラス製キャニスター

コーヒー豆の保存には、iwakiの耐熱ガラス製キャニスターを活用してみてはいかがでしょうか。
空気を通さない耐熱ガラス製で、フタにはシリコン製のパッキンを搭載しているなど、密閉性に優れているのが特徴です。におい移りの心配も少ないので、冷蔵庫に入れて1ヶ月ほど保存する際にも使えます。

また、シンプルなデザインで他のインテリアとも馴染みやすく、容器の中身を見せておしゃれに収納できるのも魅力のひとつ。容器本体は食洗機に対応しているので、いつでも清潔に使えます。

ただし、透明なガラス製なので遮光性は高くありません。コーヒーをおいしく飲みたい場合は、コーヒー豆を袋ごとキャニスターに入れて保存するか、暗い場所で保存してできるだけ早く飲み切るなどの工夫をすることをおすすめします。

コーヒーキャニスターでコーヒー豆のおいしさを長持ちさせよう

コーヒー豆は、さまざまな要因で劣化してしまう繊細なものですが、キャニスターを活用して適切に保存すれば、劣化スピードを遅らせられます。
おいしいコーヒーにこだわりを持っている方は、焙煎方法や淹れ方だけでなく、コーヒー豆の保存方法にも気を配ってみてはいかがでしょうか。


関連記事