ガラス製の保存容器は魅力がたくさん! 便利な使い方や選び方を知ろうのページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

ガラス製の保存容器は魅力がたくさん! 便利な使い方や選び方を知ろう

ガラス製の保存容器は魅力がたくさん! 便利な使い方や選び方を知ろう

食べ切れずに余った料理や食品、作り置きしたおかずなどを保存する際は、保存容器を活用すると便利です。保存容器はたくさんの商品が販売されていますが、その中でもガラスで作られた保存容器が使いやすくおすすめです。
ここでは、ガラス製保存容器の魅力や使う際の注意点、iwakiがおすすめするガラス製保存容器をご紹介します。


ガラス製保存容器の魅力

ガラス製保存容器の魅力

保存容器はガラス以外にもプラスチックやホーロー、陶器など、いろいろな素材を使って作られていますが、ガラス製の保存容器にはどのような魅力があるのでしょうか。
ここでは、ガラス製保存容器の魅力や便利な使い方をご紹介します。

電子レンジやオーブンに入れて調理できる

耐熱ガラスで作られた保存容器なら、電子レンジやオーブンを使った加熱に対応しています。料理や食材を保存するだけでなく、保存容器内で食材を混ぜたりこねたりといった下ごしらえをして、別の器に移すことなく加熱調理まで行えるのも便利です。
透明で中身の様子がわかりやすいので、調理中に混ざり方や火の通り具合も簡単に確認できます。

また、保存容器によってはフタをしたままでも電子レンジで加熱できるので、ラップをかける必要がないのもメリットのひとつです。

食器として使えば洗い物も簡単に

見た目がシンプルで透明なガラス製の保存容器は、そのまま食卓に並べてもおしゃれに見せることができるのも魅力です。調理から食事、あまった料理の保存までを1つの容器で完結できるため、洗い物の量を減らすことにつながり、家事の手間も減るでしょう。

色や匂い移りの心配が少ない

ガラスは色移りや匂い移り、塩分、酸に強い素材です。ガラス製の保存容器なら、カレーや漬物、酢の物のような料理を保存しても、プラスチックのように色移り・匂い移りで悩まされることはありません。
さらに、油汚れも簡単に落とせるので、長く清潔に使い続けることができます。

ガラス製保存容器を使う際は割れに注意

ガラス製の保存容器は衝撃や急激な温度変化に弱く、やや重量があるため、取り扱いの際は注意しましょう。落とす・ぶつけるなどの要因で衝撃を与えたり、耐熱性を持っていないものを温めた直後に水洗いしたりすると、ヒビが入ったり割れたりする原因にもなります。

温度変化に強い耐熱ガラス製の保存容器は冷凍保存に対応しているものが多いですが、水分の多い食品を冷凍すると、体積の膨張によって容器が割れてしまう恐れがあります。使用する前に、商品の説明書きなどを確認しておくことが大切です。

選ぶ際は使い勝手の良さを確認しよう

選ぶ際は使い勝手の良さを確認しよう

ガラス製の保存容器を選ぶ際は、密閉性や収納性、耐熱性などを確認して、使い勝手が良い商品を選ぶようにしましょう。

密閉性

匂いの強い食品や汁物のように液漏れが気になる料理を保存したい場合は、バルブやパッキンが付いている密閉性に優れた容器がおすすめです。振ったり横にしたりしても液漏れしづらいだけでなく、中身が乾燥や湿気から守られるため、味噌や砂糖のような空気に触れさせたくない食品の保存にも向いています。

収納性

積み重ねるように収納できるものなら、保存容器を省スペースでまとめることができて便利です。使っていないときはサイズ違いを入れ子にして保管できる場合も多いので、できるだけ同一メーカーで揃えておくと良いでしょう。

耐熱性

オーブンや電子レンジで使用したい場合は、「電子レンジ対応」や「オーブン使用可」などの表記がされている、耐熱ガラス製の容器を選ぶ必要があります。食洗器にも対応している容器なら、洗い物の手間も減らせて便利です。

iwakiおすすめのガラス製保存容器

ここからは、iwakiがおすすめするガラス製保存容器をいくつかご紹介します。保存や調理用のアイテムとして、ぜひお役立てください。

パック&レンジ 7点セット

パック&レンジ 7点セット

保存容器や食卓に並べる器、調理器具と、1つで3役をこなせるレンジ&パックの7点セットです。容量200mlのパックが4つ、500mlが2つ、1.2Lが1つセットになっていて、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

パック&レンジはフタをしたままでも電子レンジでの温めや冷凍保存が行え、フタを外せばオーブン調理にも使えます。また、保存容器本体は食洗器にも対応しているので、洗い物の手間を減らせるのも魅力です。

パック&レンジ 7点セット
¥5,500(税込)

密閉クリアパック

密閉クリアパック

フタと本体が透明で、どの角度からでも中身が確認できるため、乾麺やお菓子、スパイス、漬物などを保存する際にも便利な保存容器です。フタには密閉用のバルブが付いていて、フタをした後に押すだけで簡単に密閉できるので、煮物や汁物など、液漏れが気になる料理の保存にもおすすめです。

フタを外せば電子レンジでの加熱も行え、フタとパッキンを取り外せるため洗い物が簡単など、使い勝手にも優れています。

密閉クリアパック

パックぼうる

パックぼうる

フタが付いていて、ラップなしでも余った料理や食品を保存できるボウルです。中身が入っていても積み重ねられ、使わない場合は入れ子にして省スペースで収納しておけます。

また、角がない丸型なので洗い物が簡単、フタをしたままで冷凍保存や電子レンジによる加熱が行える点も魅力です。

パックぼうる

スクエアパック

スクエアパック

フタがステンレス製で、スタイリッシュな見た目が人気の保存容器です。角型で積み重ねができるため、冷蔵庫や戸棚内のスペースを無駄にせずに収納でき、フタを外せば電子レンジでの加熱にも対応しています。

どのようなキッチンにも合わせやすいデザインなので、取手付きタイプは砂糖や塩のような調味料入れとして活用するのもおすすめです。

スクエアパック

ガラス製の保存容器で調理や保存も簡単に

ガラス製の保存容器は、作り置きした料理の保存だけでなく、食器として活用してもおしゃれです。耐熱ガラスで作られている容器なら、冷蔵庫から取り出したものをすぐに電子レンジやオーブンに入れて加熱調理し、他の器に盛りつけることなく食卓に並べられるので、調理や洗い物の手間を減らすことにもつながります。
耐熱ガラス製の保存容器を活用して、料理の時短を目指してみてはいかがでしょうか。