耐熱ボウルならガラスボウルが便利! 使い方やおすすめ商品をご紹介のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

耐熱ボウルならガラスボウルが便利! 使い方やおすすめ商品をご紹介

耐熱ボウルならガラスボウルが便利! 使い方やおすすめ商品をご紹介

下ごしらえから保存まで、多くの料理シーンで使えて便利なボウル。耐熱性に優れた「耐熱ボウル」なら、電子レンジやオーブンにも対応しているので、使い方の幅が広がります。
しかし、耐熱ボウルにどのような違いがあるのかわからないから、とりあえず安いものを選んでいるという方も多いのではないでしょうか。ここでは、耐熱ボウルの種類や耐熱ガラスでできたガラスボウルの選び方、上手な活用方法などをご紹介します。


ボウルの種類

ボウルの種類

ボウルには、耐熱ガラスでできたガラスボウルをはじめ、プラスチック製やホーロー製などの種類があります。それぞれの特徴を知り、ボウル選びに役立てましょう。

ガラス製

ガラス製の耐熱ボウルは、急激な温度変化に強い耐熱ガラスで作られています。電子レンジだけでなくオーブン調理にも対応している商品が多く、ボウルで生地を混ぜたりこねたりした後、そのままオーブンに入れて加熱できるので便利です。
見た目がおしゃれなので、食卓に並べても違和感がありません。

また、透明で中身が見やすい、におい移りや色移りしづらい、酸に強く汚れづらいなど、多くのメリットがあります。落としたり他のものとぶつけたりした衝撃によって割れてしまう恐れはありますが、長く清潔に使い続けることができるのがガラス製ボウルの魅力です。

プラスチック製

プラスチック製のボウルは、オーブン使用はできませんが、多くのものが電子レンジ調理に対応しています。軽量で割れづらく、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使用できるのが魅力です。

ただし、色移りしやすく油汚れが落ちづらい、酸に弱い、傷がつきやすいなどのデメリットがあるため、長く使い続けるのは難しいでしょう。比較的安価なので、定期的にボウルを買い換える場合はおすすめです。

酸に強いポリカーボネートという素材で作られているボウルも、プラスチック製ボウルのひとつです。一般的なプラスチック製ボウルよりも耐久性に優れていますが、こちらもオーブン使用はできません。

ホーロー製

ホーロー(琺瑯)とは、金属製の下地にガラス質のコーティングをした素材です。電子レンジにかけることはできませんが、オーブンや直火調理に対応している商品もあります。
汚れ落ちも良く、色移りやにおい移りに強いなどのメリットがありますが、細かい傷が目立ちやすいため、泡立てなどの調理には向いていません。

ガラスボウルを選ぶ際のポイント

ガラスボウルを選ぶ際のポイント

ボウルを購入する際は、電子レンジやオーブン調理に対応している、清潔に使えるなど、使い勝手が良い耐熱ガラス製のガラスボウルを選ぶのがおすすめです。その際は、用途に適した商品を選ぶと、より使い勝手が良くなります。
ガラスボウルを選ぶ際は、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。

調理で使いやすいサイズを選ぶ

ガラスボウルを幅広い料理で活用したい場合は、直径20~25cm程度の大きさのものが便利です。直径が大きい分安定感が増すので、混ぜる作業が行いやすく、中の食材がこぼれる心配も減ります。

ドレッシングやタレを作ったり、電子レンジで少量の食材を加熱したりといった細かい作業を行う場合は、直径が小さいボウルを用意しておきましょう。おかずを小分け保存するのに使えるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

便利な機能がついているかどうかも確認しよう

ガラスボウルには、注ぎ口や目盛りがついているものなど、便利な機能がついている商品もあります。使いやすさにこだわる方は、ボウルの機能性にも注目してみましょう。

また、耐熱をうたっている場合でも、どのようなシーンで使えるかは製品によって異なります。オーブンで使用できるか、食洗機で洗えるかなども確認しておくことが大切です。

ガラスボウルをより使いこなすには?

ガラスボウルをより使いこなすには?

耐熱ガラスでできたガラスボウルは、下ごしらえから保存まで、幅広い使い方ができて便利です。ガラスボウルをより使いこなすために、使い方の一例をご紹介します。

食器や保存容器として活用する

ガラスボウルは透明でシンプルな見た目をしているので、テーブルに並べてもおしゃれです。サラダボウルとして活用したり、パスタやグラタンのような料理を入れる食器として使ったりもできます。

また、耐熱ガラスでできたガラスボウルは冷蔵庫や冷凍庫にも対応しているので、余った料理や下ごしらえした食材を入れておく保存容器として活用するのもおすすめです。

電子レンジやオーブンで加熱調理に使う

ガラスボウルは電子レンジだけでなく、オーブンによる加熱調理にも対応しています。ガラスボウルで混ぜたりこねたりした食材を、そのまま加熱できるため便利です。

電子レンジやオーブンでの加熱調理にガラスボウルを活用すれば、料理の際に器を移し替えるひと手間や、洗い物を減らすことにつながります。

ガラスボウルは割れやヒビに注意

耐熱ガラスでできたガラスボウルは、衝撃に強いわけではありません。落としたりぶつけたりすると割れてしまう恐れもあるので、取り扱いに注意が必要です。

また、ガラスに小さな傷がつくと、それが原因で割れてしまうこともあります。洗う際は研磨剤入りの洗剤やスポンジの使用を避け、できるだけ傷がつかないように心がけましょう。

iwakiのおすすめガラスボウルをご紹介

iwakiでは、耐熱ガラスを使用したガラスボウル商品を販売しています。ここでは、iwakiがおすすめするガラスボウル商品をいくつかご紹介します。

ボウル

ボウル

シンプルな形状で、食卓に並べても違和感がないなど、使い勝手に優れた耐熱ガラスボウルです。電子レンジやオーブンを使った加熱調理に対応しているので、下準備からテーブルウェアまで、幅広く使用できます。
また、食洗機を使って洗えるので、長く清潔に使い続けられるのも魅力です。

ボウル

ニューボウル

ニューボウル

ボウル上部が四角い形状になっていて手に馴染みやすく、深さもあるので食材を混ぜる際に飛び散ったりこぼれたりする恐れも少ないなど、使いやすいアイテムです。サラダや和え物を入れる器にするのも良いでしょう。
サイズ違いのものを入れ子収納できるので、3サイズ揃えても収納スペースを取らず便利です。

ニューボウル

リップボウル

リップボウル

縁に注ぎ口がついているので、注ぐ作業の際に便利なボウルです。サイズは50mlから500mlまでの4種類展開していて、タレやドレッシングなどを入れておくテーブルウェアとして活用することもできます。

リップボウル

サラダスピナー

サラダスピナー

野菜の水切りをするサラダスピナーとしてだけでなく、耐熱ガラス製のボウルとしても使用できるアイテムです。
レンジカバー、バスケット、ボウル本体は電子レンジ加熱にも対応しています。水切りしたサラダをそのまま食卓に並べたり、電子レンジに入れて加熱したりと、幅広い使い方ができて便利です。

サラダスピナー
¥4,400(税込)

ガラスボウルを日々の料理に活用しよう

ボウルはプラスチックやホーローなどの素材で作られているものもありますが、長く清潔に使い続けられるガラス製が便利です。耐熱ガラスでできているガラスボウルなら、電子レンジやオーブンで加熱調理に使ったりテーブルに並べたりと、幅広い使い方ができます。
1つで何役もこなせるガラスボウルを、日々の料理に役立ててみてはいかがでしょうか。