お米の保存は保存容器で! 正しい保存方法やおすすめの容器をご紹介のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

お米の保存は保存容器で! 正しい保存方法やおすすめの容器をご紹介

お米の保存は保存容器で! 正しい保存方法やおすすめの容器をご紹介

お米を開けた米袋に入れたまま保存しているという方も多いでしょう。しかし、袋に入れたまま保存していると、お米のおいしさが損なわれてしまう恐れがあります。お米を長持ちさせるためには、保存容器を活用して正しく保存することが大切です。
ここでは、お米の正しい保存方法や、おすすめの保存容器をいくつかご紹介します。


お米の保存期間はどれくらい?

お米の保存期間はどれくらい?

お米は精米された時点から鮮度が落ちやすくなり、乾燥などによって品質が悪くなってしまいます。保存場所の湿度や気温によっても異なりますが、一般的なお米の保存目安は以下の通りです。

・冬場:精米後2か月
・春や秋:1ヶ月
・夏場:2週間

期間を過ぎたらすぐに食べられなくなるわけではありませんが、味は落ちてしまうので、お米をおいしく食べたい場合は意識してみると良いでしょう。

お米をおいしく保存する方法

お米をおいしく保存する方法

お米のおいしさを保つためには、適切な環境で保存することが大切です。お米を保存する際に心がけたいポイントを3つご紹介します。

湿度の高い場所を避ける

お米は湿気や水気に弱い食材です。湿気が多い場所で保管を続けたりお米に水分がついたりすると、カビが生えて食べられなくなる恐れもあります。
台所のシンク下をはじめ、水気が多くなりがちなキッチン周りに置くのは避けた方が良いでしょう。

また、手が濡れたまま計量カップを使うのも、お米に水分がつく原因となります。お米を取り出す際は、しっかりと手を拭いておくことが大切です。

適度な温度で保存する

お米の保存に最適な温度は15℃前後とされています。高温になったり直射日光が当たったりする場所での保存は、お米が乾燥してヒビが入ったり、おいしさが失われたりする原因となるので避けましょう。

また、お米につく虫は高温多湿の環境で活動が活発になります。15℃以下の温度ではほとんど活動しないといわれているので、虫対策という点でも温度や湿度の管理は重要です。

密閉性の高い容器に入れておく

お米が劣化するのを防ぐために、密閉性の高い容器に入れておきましょう。購入時にお米が入っている袋は、通気のために小さな穴が開いている場合があり、その穴から空気が入り込んでお米が酸化したり、近くにあるもののにおいが移ったりする可能性もあります。

購入後はできるだけ密閉性が高い容器に入れて保存することが、お米の鮮度を保つうえでは大切です。

お米用の保存容器を選ぶポイント

お米用の保存容器を選ぶポイント

お米を保存する際に使える容器にはさまざまなものがありますが、どのようなものを選べば良いのでしょうか。お米用の保存容器を選ぶ際に確認したいポイントを2つご紹介します。

サイズは冷蔵庫に入るものを

気温が低く湿度も少ないうえに、直射日光を避けることができる冷蔵庫内は、お米の保存に最適な環境です。冷蔵庫に入れられる大きさの保存容器を選んでおけば、お米の鮮度を保つことができます。
冷蔵庫に入れる際は、冷気の吹き出している側を避けると、冷えすぎや風に当たったことによるひび割れを防げます。ドアポケットや野菜室を利用するのがおすすめです。

また、お米を食べる量によっても必要なサイズは異なります。一度にどれくらいのお米を消費するのかも踏まえながら、保存容器のサイズを選ぶようにしましょう。

中身が見えるものがおすすめ

お米を保存する容器には、プラスチックやホーロー(琺瑯)、ガラス、桐など、さまざまな素材が使われています。冷蔵庫に入れてお米を保存する場合は、一目見て量を確認できる中身が見えるタイプだと便利です。

透明で中身をすぐに確認できる、ガラス製の保存容器を活用してみるのも良いでしょう。密閉性に優れ、におい移りの心配も少ないガラスは、お米の保存容器の素材として最適です。

お米の保存におすすめのiwakiの保存容器

実際にお米を保存する際は、どのような容器に入れれば良いのでしょうか。ここからは、お米の保存に便利なiwakiの耐熱ガラス製の保存容器をご紹介します。

密閉パック(幅広)

密閉パック(幅広)

フタについたバルブとシリコン製のパッキンで、しっかりと密閉性を保てる保存容器です。空気による酸化や湿気、におい移りなどからお米をしっかりと守ってくれます。本体容器にメモリがついているので、残っているお米の量の把握も簡単です。

また、フタも容器本体も食洗機にかけて洗えるので、清潔に使い続けられるのも嬉しいポイントです。

密閉パック(幅広)
¥1,320(税込)~

密閉クリアパック(幅広)

密閉クリアパック(幅広)

容器本体だけでなくフタも透明な素材でできていて、横だけでなく上からも中身を確認できる保存容器です。冷蔵庫のドアポケットなどに入れておいても、すぐに中身を確認できて便利です。
こちらも密閉パックなので、空気や湿気に弱いお米の保存に適しています。

密閉クリアパック(幅広)
¥1,320(税込)~

パックぼうる

パックぼうる

透明で中身がすぐにわかるガラス製のボウルで、フタがついているのでラップなしで食材を保存できます。冷蔵庫内で積み重ねることができるので、保存の際に場所を取りません。

また、パックぼうるはフタをしたまま電子レンジに入れて温めたり、冷凍庫に入れたりすることができます。炊いたご飯が残ったら、パックぼうるを使って冷凍保存するのも便利です。

パックぼうる
¥880(税込)~

正しく保存してお米のおいしさを保とう

お米の鮮度を保ちおいしさを長持ちさせるためには、適切に保存する必要があります。購入後はできるだけ早く保存容器に移し、湿度や温度が一定に保たれる冷蔵庫に入れておきましょう。その際は、冷気が直接当たりづらい野菜室やドアポケットに入れておくのがおすすめです。
保存容器を活用して、お米のおいしさを長持ちさせてみてはいかがでしょうか。


関連記事