おかずをおいしく保存できる! 冷凍保存に対応した保存容器の選び方のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

おかずをおいしく保存できる! 冷凍保存に対応した保存容器の選び方

おかずをおいしく保存できる! 冷凍保存に対応した保存容器の選び方

ご飯づくりには毎日多くの時間を取られますが、作り置きのおかずや常備菜などを冷凍庫に入れてストックしておけば、料理の時短につなげることができます。
おかずなどを冷凍保存する際は、冷凍に対応した保存容器を用意しておくと便利です。ここでは、冷凍保存に向いた保存容器の選び方やiwakiおすすめの保存容器などをご紹介します。


冷凍保存に使える保存容器の種類

冷凍保存に使える保存容器の種類

冷凍保存に使える保存容器は大きく耐熱ガラス製、プラスチック製、ホーロー製、保存袋の4種類に分けられます。それぞれ特長が異なるので、簡単に違いを知っておきましょう。

耐熱ガラス製

耐熱ガラス製の保存容器は、においや色うつりに強いのが特長です。商品によっては、電子レンジ加熱に加えてオーブン調理にも対応しています。透明なので、中身の状態を確認しやすい点もメリットです。

プラスチック製

安価で手に入りやすく、軽量なのがプラスチック製保存容器の魅力です。しかし、においや色がつきやすいため、長期間清潔に使い続けるのは難しいかもしれません。

ホーロー製

においや色うつりに強いなど、耐熱ガラスに似た特長を持っています。しかし、電子レンジで使えない点に注意が必要です。

保存袋

密閉性が高く、水気の多い食品の冷凍に向いています。コンパクトで収納も簡単ですが、電子レンジ加熱には向いておらず、自立しないため冷凍庫内で散らかることもあります。

冷凍保存の際は、冷凍から電子レンジ加熱まで1つの容器で対応できる耐熱ガラス製の保存容器を活用するのがおすすめです。

冷凍用の保存容器の選び方

冷凍用の保存容器の選び方

冷凍用の保存容器は、さまざまなメーカーからたくさんの商品が販売されています。使いやすい保存容器を選ぶためには、ポイントを押さえておくことが大切です。冷凍用の保存容器の選び方のポイントをご紹介します。

最初に冷凍保存に使えるかどうか確認しよう

保存容器を選ぶ際は、最初に冷凍保存に使えるかどうかを確認する必要があります。一般的な家庭用冷凍庫の庫内温度は-18℃程度なので、それ以下の温度でも耐えられる商品を選ぶようにしましょう。

保存したい食材に応じて密閉性を確認する

保存容器には、フタにパッキンなどをつけていて、密閉性を高めている商品もあります。密閉性が高い容器ならにおいもれや液もれを起こしづらいです。
においが強い食材や空気に触れさせたくないもの、煮物のように汁気が多いおかずなどは、密閉性に優れた容器を活用するのがおすすめです。

電子レンジ対応かを確認しておくと便利

保存容器が電子レンジの加熱に対応していると、中の食材を容器から別のお皿に移し替える必要がなくなります。フタも電子レンジに対応している場合は、ラップをかける手間もかかりません。
本体容器と一緒に、フタも電子レンジに対応しているか確認しておくと良いでしょう。

また、電子レンジに加えて食洗機にも対応している容器なら、洗い物にかかる手間も減らすことができて便利です。

形状を揃えておくと冷凍庫内がきれいに

保存容器は、数が増えると収納場所を取りがちです。積み重ねて使えるタイプだと、冷凍庫内のスペースを有効活用できます。
また、保存するおかずや食材の量に合わせて、いくつかサイズ違いの容器を用意しておきましょう。サイズ違いの容器を使い分けることで、冷凍庫内のデッドスペースを減らせます。

ガラス製の保存容器を冷凍する際の注意点

ガラス製の保存容器を冷凍する際の注意点

おかずなどを冷凍保存する際、水分を多く含む食品は凍る過程で体積が増えます。ガラスを内側から押し広げる力が働き、ガラスが破損する恐れがあるので、汁物などの冷凍保存は避けてください。

カレーやシチューは冷凍できますが、容器に詰めすぎないように注意が必要です。また、ご飯を保存する際は、おにぎり状にしたり容器内で軽く振ったりして、ガラス面と隙間を作るようにしましょう。

冷凍保存対応のiwakiの保存容器

iwakiで販売している耐熱ガラス製の保存容器は、冷凍保存に対応している商品も多いです。
冷凍保存を行う際におすすめの保存容器を、何点かご紹介します。

パック&レンジ

パック&レンジ

保存容器や食器、調理道具の3役を1つでこなせるアイテムです。フタをしたままでも電子レンジ調理に使うことができます。
形状は丸型と四角型の2タイプを用意しており、容量の種類も豊富なので、シーンに合わせて使いやすいのが魅力です。

パック&レンジ
¥880(税込)~
パック&レンジ 丸タイプ
¥880(税込)~

NEWパック&レンジ

NEWパック&レンジ

フタの開閉が柔らかくなったパック&レンジです。フタをしたままでも冷凍や電子レンジ加熱に対応しています。フタも本体も食洗機で洗えるので、お手入れも簡単です。

NEWパック&レンジ
¥880(税込)~
NEWパック&レンジ 丸タイプ
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

密閉パック&レンジ

密閉容器ながら、フタをしたまま電子レンジで使用できる保存容器です。においもれや液もれしづらく、においの強い食品や煮物などの保存にも最適です。
パッキンとフタは一体なので、洗う際に外す必要がなく、簡単に洗えます。また、サイズ違いの容器は使わない時にスタッキングして収納可能です。

密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

密閉パック

密閉パック

フタにシリコン製のパッキンがついた密閉容器です。フタの赤いバルブを持ち上げたり、押したりすることでフタを開閉できます。
フタも食洗機で洗うことができるので、いつでも清潔に使いやすいのが魅力です。面積が大きい幅広タイプと通常タイプの2種類から、保存する食材や用途に応じて選ぶこともできます。

密閉パック
¥1,155(税込)~
密閉パック(幅広)
¥1,320(税込)~

パックぼうる

パックぼうる

フタがついていて積み重ねられる、冷凍庫内のスペースを取りづらいボウル型の保存容器です。ラップなしで食材を保存することができ、余ったご飯の保存にも便利です。
角がないため洗いやすく、ガラス本体は食洗機にも対応。清潔に使い続けられるのが魅力です。

パックぼうる
¥880(税込)~

冷凍保存の際は保存容器を活用しよう

保存容器を使って食材やおかずを冷凍保存しておけば、鮮度やおいしさを長く保つことができます。冷凍保存の際は、耐熱ガラス製の保存容器を活用すると、冷凍庫から取り出してすぐに電子レンジで加熱できるため便利です。
保存したい食材やおかずに合わせて保存容器を活用して、便利に冷凍保存を行ってみてはいかがでしょうか。


関連記事