3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

梅干しの保存は保存容器で! 正しい保存方法と容器の選び方

梅干しの保存は保存容器で! 正しい保存方法と容器の選び方

梅干しは、日本の食卓に欠かせない食材のひとつです。市販の商品を買うだけでなく、自宅で漬けた自家製の梅干しを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
梅干しはもともと保存食なので長期保存に向いていますが、より長くおいしさをキープするには、正しい方法で保存して乾燥や味の変化を防ぐことが大切です。

ここでは、梅干しの正しい保存方法や容器の選び方、おすすめの保存容器などをご紹介します。


梅干しは保存容器で保存しよう

梅干しは保存容器で保存しよう

梅干しは塩分が高く、基本的には長期保存ができる保存食です。
しかし、市販の商品には塩分濃度を抑えた減塩タイプも多く、保存状態によっては乾燥したりカビが生えたりする恐れもあります。
そのため、長期間保存したい場合は、梅干し用の保存容器を用意しておくのがおすすめです。

梅干しの正しい保存方法

梅干しの正しい保存方法

自宅で作った自家製のものや市販されているものなど、梅干しには多くの種類がありますが、保存する際はどのような点に注意すれば良いのでしょうか。
梅干しを保存する際に心がけたいコツを、いくつかご紹介します。

塩分や調味料の有無で変わる保存方法

梅干しの正しい保存方法は、塩分濃度や含まれている調味料によって異なります。
基本的に、塩分濃度が18%を超えるような梅干しは、常温保存でも腐りづらいです。

一方で、近年主流となっている減塩タイプの梅干しは、塩分が少ない分保存性も悪く、傷みやすくなっています。
市販の梅干しには調味料が加えられているものも多く、塩分濃度が高くても賞味期限が定められているので、冷蔵庫に入れて保存するのがベストです。

高温多湿や直射日光を避ける

高温多湿の環境や直射日光に当たる場所で保存しているのも、梅干しが傷む原因になります。直射日光に当たらない常温または冷暗所で保存しておくのが、正しい梅干しの保存方法です。

梅干し用の保存容器の選び方

梅干し用の保存容器の選び方

梅干しのおいしさを長持ちさせるためには、梅干しを入れる保存容器も大切です。梅干し用の保存容器を選ぶ際に確認したいポイントをご紹介します。

食品用のものを選ぶ

梅干しに含まれている酸の効果で、容器に含まれている鉛などの物質が溶け出し、人体に影響を与えることも考えられます。
梅干しを入れる容器は、必ず食品用に使えるものを選ぶことが大切です。

酸に強い素材の容器を選ぶ

食品用だとしても、金属製の容器は酸の影響で錆びてしまう恐れがあるので避けましょう。
においや色移りをしやすいので、長期保存をする際はプラスチック製の容器も避けた方が無難です。
昔ながらの梅干しは酸や塩に強い甕(かめ)に保存されていましたが、大きさによっては重く、使い勝手に難があります。
梅干し用の保存容器には、酸やにおい移りに強く、煮沸消毒して清潔に使える耐熱ガラス製の保存容器がおすすめです。

サイズは梅干しの量に合わせて選ぶ

保存容器のサイズも、選ぶ際に確認したいポイントのひとつです。
基本的には、入れる梅干しの量に合わせてサイズを選ぶと使いやすくなります。小分けにして保存したい方は、少し小さいサイズの容器をいくつか用意しておくのもおすすめです。

自宅で梅を漬けるための容器を選ぶ場合は、梅の重量に対して1.5~2倍程度の容量がある容器を選ぶ必要があります。
これは、梅の実が梅酢に漬かりきっていないと、カビてしまう恐れがあるためです。

広口の容器だと便利

容器の口が広めのものを選ぶと、梅干しを詰めたり取り出したりしやすくなります。中を洗いやすく、衛生的に使えるのも広口の容器のメリットです。
ただし、底が深すぎるものだと、下にある梅干しが潰れてしまう恐れがあるため注意しましょう。

密閉できるものだとさらに安心

梅干しは長期間保存することが前提の商品なので、乾燥や雑菌の繁殖を防がなければいけません。
密閉性に優れていて空気を遮断できる商品だと、より安心して梅干しを保存できるようになります。

梅干しの保存に便利なiwakiの保存容器

iwakiでは、耐熱ガラス製の保存容器を多く取り扱っています。
酸や色移り、におい移りに強く、煮沸消毒も行える耐熱ガラス製の保存容器は、梅干しの保存に最適です。

梅干しの保存に便利なiwakiの保存容器をご紹介するので、参考にしてみてください。

パック&レンジ

保存容器・テーブルウェア・調理道具の3役で活用できるアイテムです。四角タイプと丸タイプの2種類があるので、使い方に合わせて容量や形状を選べます。
また、四角タイプの1Lサイズは深型になっていて、器として使いやすいのも魅力です。

パック&レンジ
パック&レンジ
¥880(税込)~
パック&レンジ(丸タイプ)
パック&レンジ(丸タイプ)
¥880(税込)~
パック&レンジ(深型)
パック&レンジ(深型)
¥880(税込)~

NEW パック&レンジ

フタの開閉が柔らかいNEWパック&レンジです。フタも本体も食洗器で洗うことができるので、清潔に使えます。
また、パック&レンジと同様に、形状も四角タイプと丸タイプの2種類から選べます。

NEW パック&レンジ
NEW パック&レンジ
¥880(税込)~
NEW パック&レンジ(丸タイプ)
NEW パック&レンジ(丸タイプ)
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

高い密閉性を保てて、乾燥を嫌う梅干しの保存に最適な保存容器です。
フタとパッキンは一体になっていて、洗う際にパッキンを取り外す必要はありません。
広口の幅広タイプは、自家製梅干しを作る際の容器としてもおすすめです。

密閉パック&レンジ
密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~
密閉パック&レンジ(丸タイプ)
密閉パック&レンジ(丸タイプ)
¥1,210(税込)~
密閉パック&レンジ(幅広)
密閉パック&レンジ(幅広)
¥1,320(税込)~

パックぼうる

フタがついていて、ラップを使わずに食材を保存できるボウルです。積み重ねられるので、冷蔵庫内をすっきりさせられます。
また、本体が透明で中身がはっきり見えるので、梅干しの状態を確認しやすいのも魅力です。

パックぼうる
パックぼうる
¥880(税込)~

密閉パック

シリコン製のパッキンがついていて、においの強いものや湿気を嫌う食品の保存に適している密閉容器です。
フタについたバルブを押すだけで密閉できるなど、使い方も簡単です。
幅広タイプの密閉パックは、梅干しだけでなく浅漬けなどの保存にも活用できます。

密閉パック
密閉パック
¥1,155(税込)~
密閉パック(幅広)
密閉パック(幅広)
¥1,320(税込)~

密閉クリアパック

本体だけでなくフタも透明で、上下左右どの角度からでも中身を確認しやすい保存容器です。
冷蔵庫や引き出しなどに入れても中身が見やすく、すっきりと収納できます。
赤いバルブを持ち上げるだけでフタを外せるため、取り扱いも簡単です。

密閉クリアパック
密閉クリアパック
¥1,155(税込)~
密閉クリアパック(幅広)
密閉クリアパック(幅広)
¥1,320(税込)~

梅干しの正しい保存方法を知っておこう

保存食のイメージが強く、長期間保存できると思われがちな梅干しですが、塩分濃度や調味料によっては賞味期限が短いこともあります。
保存方法を間違えるとカビが生えたり乾燥したりしてダメになってしまうので、保存容器に入れて正しく保存することが大切です。

酸や塩に強い耐熱ガラス製の保存容器は、色移りや錆びなどを防いで清潔に使い続けられるので、梅干し用の保存容器として適しています。
ご紹介した容器を、梅干しの保存に活用してみてはいかがでしょうか。


関連記事