砂糖は保存容器で保存しよう! 正しい保存方法と容器の選び方のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

砂糖は保存容器で保存しよう! 正しい保存方法と容器の選び方

砂糖は保存容器で保存しよう! 正しい保存方法と容器の選び方

料理の「さしすせそ」のひとつに数えられる砂糖は、さまざまな料理作りに欠かせない基本の調味料です。キッチンに常備している砂糖を使おうと思った際に、固まっていて使いづらかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そのような事態を防ぐためにも、砂糖は保存容器に入れてしっかりと保存することが大切です。ここでは、砂糖の正しい保存方法や、砂糖用の保存容器の選び方などをご紹介します。


砂糖の正しい保存方法は?

砂糖の正しい保存方法は?

砂糖は品質が安定している調味料です。基本的に腐ることはなく、賞味期限は記載されていません。しかし、砂糖が固まったり虫が湧いたり、変色したり溶け出したりといった劣化を起こす可能性があるため、正しく保存することが大切です。
ここでは、砂糖の正しい保存方法のポイントを2つご紹介します。

密閉された容器を活用する

砂糖の袋には、袋内の空気を抜くための小さな穴が空けてある場合があります。袋のまま保存すると湿気の影響を受ける恐れがあるため、購入した砂糖は開封した、していないに関わらず、密閉容器に保存するのがおすすめです。

また、砂糖にはものから水分を奪う脱水作用があります。虫が住み着く恐れはありませんが、袋を食い破ったり、開封した袋の口から入り込んだりすることは考えられます。
虫害を防ぐためにも、砂糖の保存には密閉性に優れた保存容器を活用することが重要です。

湿度の高い場所を避け、常温で保存する

砂糖がカチカチに固まってしまう理由は湿気の変化です。砂糖は湿度の影響を受けやすく、湿度の高いところではドロドロに溶けていき、逆に乾燥した場所では砂糖の水分が放出されることで固まってしまいます。これを繰り返すことで、大きな塊になるのです。

砂糖をサラサラのまま保存したい場合は、湿度が一定の場所で常温保存するようにしましょう。
冷蔵庫に入れて保存している方もいらっしゃるかもしれませんが、扉の開閉や使用する度に砂糖を出し入れするなど、冷蔵庫内での保存は湿度の変化が起こりやすいです。湿度の変化や出し入れの際についた結露によって、砂糖が固まったり溶けたりする恐れがあるので、避けることをおすすめします。

砂糖の保存に使う保存容器の選び方

砂糖の保存に使う保存容器の選び方

砂糖が固まったり虫害にあったりするのを避けるためには、保存容器を活用して保存することが大切です。具体的にどのような容器を使用すれば良いのか、選び方のポイントをいくつかご紹介します。

しっかり密閉できるものを選ぶ

砂糖を保存する際は、湿気とにおい移りを避ける必要があります。しっかりと空気を遮断できる容器を選びましょう。フタにパッキンがついていて密閉性を高めているなど、気密性に優れた密閉容器がおすすめです。

使いやすさを確認しよう

日々のお料理やお菓子作りなど、砂糖は使用頻度が高い調味料です。透明で中身の残量を確認しやすい、洗いやすくいつでも清潔に使える、フタを開けやすいなど、保存容器の使いやすさも確認しておくと便利です。

機能性に加えてデザイン性にも優れている容器なら、テーブルウェアとしてもおしゃれに使えます。キッチン周りに置くのか、テーブルに置いて使うこともあるのかなど、どこで使うかも考えておきましょう。

容器のサイズもポイント

キッチン周りには調味料や調理道具など、多くのアイテムが置いてあります。砂糖をどこに保存するかに応じて、保存容器のサイズや形状を決めるのがポイントです。

また、容器の容量が大きすぎると、重く片手で持ちづらくなってしまいます。小さめの保存容器をいくつか用意しておき、砂糖を小分けにして保存するのもおすすめです。

砂糖が固まってしまった場合はどうする?

砂糖が固まってしまった場合はどうする?

密閉容器を活用して保存場所に注意していても、砂糖が固まってしまう場合はあります。前述のように、砂糖が固まる理由は乾燥です。
霧吹きで適度に水を吹きかけたり、ちぎった食パンを砂糖と一緒に容器に入れたり、湿らせたキッチンペーパーを容器とフタの間に挟んでおいたりして水分を与えると、サラサラの状態に戻すことができます。

ただし水分が多すぎると、砂糖がドロドロに溶けだしてしまいます。少しずつ様子を見ながら水分を与えるようにしましょう。

砂糖の保存に使える! iwakiおすすめの保存容器

iwakiでも、砂糖の保存に活用できる保存容器を販売しています。耐熱ガラス製の保存容器なので、砂糖の保存はもちろん、食材の調理にも利用できるため便利です。
ここでは、iwakiおすすめの保存容器をご紹介しますので、使い勝手が良さそうな好みの容器を探してみてください。

調味料ポット(砂糖)

調味料ポット(砂糖)

片手でフタを開閉できて便利な調味料ポットです。フタの留め具の色はブルーとレッドの2種類あるので、砂糖と塩用に2つ用意しても簡単に区別できます。
フタは取り外しが可能なので洗いやすく、清潔に保つことができるのも魅力です。

調味料ポット(砂糖)
¥1,870(税込)

密閉パック(幅広)

密閉パック(幅広)

フタにはシリコン製のパッキンがついていて、高い密閉度を保てる保存容器です。におい移りや湿気を嫌う食材の保存にも向いています。
閉める際にフタで栓をしたらバルブを押すだけと、密閉方法も簡単です。

密閉パック(幅広)
¥1,320(税込)~

密閉クリアパック (幅広)

密閉クリアパック (幅広)

フタが透明で、どの角度からでも中身を確認しやすい密閉パックです。におい移りや湿気を嫌う砂糖の保存にも適しています。フタ部にあるバルブを持ち上げれば中の空気が抜けて、フタを持って開けやすくなるため、取り外しも簡単です。
フタとパッキンは取り外せるので、細かな場所まできれいに洗うことができます。

密閉クリアパック (幅広)
¥1,320(税込)~

保存容器で砂糖の劣化を防ごう

品質が安定している砂糖は賞味期限がなく、長期保存が可能な調味料ですが、虫害や変色、固まってしまうといった劣化を起こす場合があります。湿気を避ける、常温に置いておくなど、正しく保存することが重要です。
砂糖のおいしさを長く保つためにも、保存容器を活用して上手に保存することを心がけましょう。


関連記事