3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

ブロッコリーの正しい冷凍方法は? ポイントを知っておいしく冷凍保存しよう

ブロッコリーの正しい冷凍方法は? ポイントを知っておいしく冷凍保存しよう

皮むきなどの下処理なしでも食べられるブロッコリーは、調理が簡単で便利な野菜です。鮮やかな緑色で栄養も豊富なため、サラダにしたりお弁当の彩りに入れたりと、さまざまなシーンで活用できます。
使い勝手が良いブロッコリーですが、たくさん買い置きした結果使い切る前に傷んでしまった、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ここでは、ブロッコリーを長持ちさせるために覚えておきたい冷凍方法や、上手に冷凍するコツなどをご紹介します。


ブロッコリーの保存期間はどれくらい?

ブロッコリーの保存期間はどれくらい?

ブロッコリーは、保存期間がそこまで長い野菜ではありません。冷蔵庫で保存した場合、3~4日ほどで変色したり味が落ちたりしてしまいます。しかし、冷凍庫に入れて冷凍保存すれば、1ヶ月程度は保存可能です。セールなどでたくさん買ったブロッコリーを長期間保存したい場合は、冷凍保存を活用するのがおすすめです。

ただし、冷凍しても時間が経つと味や食感が落ちてしまいます。1ヶ月は目安と考え、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

ブロッコリーを冷凍する方法は2種類

ブロッコリーを冷凍する方法は2種類

ブロッコリーを冷凍する方法は、生のまま冷凍する方法と、茹でてから冷凍する方法の2種類あります。どのような料理で使うのかに応じて、冷凍方法を使い分けるようにしましょう。
それぞれの具体的な手順は、以下の通りです。

生のまま冷凍する

ブロッコリーを冷凍する際は、基本的には下茹でせずに生のまま冷凍する方法がおすすめです。生のまま冷凍すれば解凍後に水っぽくなりにくく、食感を保つことができます。

生のまま冷凍する手順

1.ブロッコリーの茎を切り落とし、小房に切り分ける
2.水を張ったボウルなどでブロッコリーを洗う
3.ペーパータオルなどで水気をしっかりとふき取る
4.小房をラップで包み、保存容器に入れて保存する

茹でてから冷凍する

解凍してすぐに調理に使いたい場合は、茹でてから冷凍する方法も便利です。ただし、食感や栄養素は生のまま冷凍するよりも損なわれてしまいます。

茹でてから冷凍する手順

1.ブロッコリーを小房に分けて水で洗う
2.鍋でお湯を沸かしたら、ブロッコリーを30秒ほどさっと茹でる
3.ザルにあげて粗熱を取る
4.水気を丁寧にふき取ってからラップで包み、保存容器に入れて保存する

解凍後の食感の変化を防ぐために、茹で時間は普段よりも短めにするのがポイントです。また、茹でる際は塩茹でにすると色を保ちやすくなります。

ブロッコリーを冷凍する際のポイント

ブロッコリーを冷凍する際のポイント

冷凍したブロッコリーの食感やおいしさを保つためには、冷凍時のコツも知っておくと良いでしょう。冷凍する際に意識したいポイントを、いくつかご紹介します。

水気をしっかりとふき取る

ブロッコリーに水分が残っていると、解凍後に水っぽくなってしまいます。ブロッコリーを洗ったり茹でたりした後は、しっかりと水気を切ることが大切です。
特に、ブロッコリーは花蕾(からい・つぼみのこと)の中の水気が切りにくいので、意識して水をふき取りましょう。

急速冷凍する

冷凍後も食感をできるだけ保つためには、冷凍にかかる時間を少しでも短くすることが大切です。熱伝導に優れた金属製のトレーにブロッコリーをのせて冷凍してから保存容器に移すなど、短時間で冷凍できるように心がけましょう。
トレーにのせる際は、凍ったブロッコリー同士がくっつかないように、離して冷凍するのがポイントです。

保存容器に入れて保存する

食感などを保ちやすい生のまま冷凍する方法ですが、ブロッコリーの花蕾が崩れやすくなるというデメリットがあります。冷凍後は、花蕾にできるだけ触れないことも大切です。
保存容器に入れて冷凍保存し、冷凍庫内の食材とブロッコリーをぶつけないように注意しましょう。

冷凍したブロッコリーをおいしく食べる解凍方法

冷凍したブロッコリーをおいしく食べる解凍方法

冷凍保存したブロッコリーは、自然解凍すると水っぽくなるため、凍ったまま調理するのがおすすめです。

また、冷凍による食感の変化を完全に防ぐことはできません。食感の変化が気になる場合は、スープや炒め物といった料理に使うと、おいしく食べられます。サラダなどに使いたい場合は、電子レンジなどで加熱するか、熱湯で数分茹でて火を通してから食べるようにしましょう。

ブロッコリーの冷凍保存に使えるiwakiの冷凍保存容器

iwakiで取り扱っている保存容器は、ブロッコリーの冷凍保存にも活用可能です。ガラス容器なので、生のまま冷凍したブロッコリーが他の食材にぶつからず、花蕾が崩れるのを防げます。
ここからは、iwakiで取り扱っているおすすめの冷凍保存容器をご紹介します。

パック&レンジ

保存容器だけでなく、食器や調理器具としても使える便利なアイテムです。フタをしたまま電子レンジ調理が行えるので、冷凍庫から取り出したブロッコリーをそのまま電子レンジで解凍できます。

パック&レンジ
パック&レンジ
¥880(税込)~
パック&レンジ(深型)
パック&レンジ(深型)
¥880(税込)~

パック&レンジ(Shinzi Katohシリーズ)

デザイナーとして活躍しているシンジカトウのデザインがあしらわれているパック&レンジです。可愛らしいデザインで、食事の時間を明るく彩ることができます。

パック&レンジ 森の中で
パック&レンジ 森の中で
¥1,100(税込)~
パック&レンジ 北欧の庭
パック&レンジ 北欧の庭
¥1,100(税込)~

NEWパック&レンジ

NEWパック&レンジ

フタの開閉が柔らかくなったパック&レンジで、本体だけでなくフタも食洗器に対応しているのが魅力です。洗い物の手間を減らして、いつでも清潔に使えます。

NEWパック&レンジ
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

密閉パック&レンジ

フタに付いているバルブで簡単に密閉できる、密閉性に優れた保存容器です。においや液が漏れにくいので、煮物やにおいの強い料理などの保存にも適しています。
密閉容器ながらフタをしたまま電子レンジで加熱できる点も魅力です。

密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

密閉パック

密閉パック

フタに付いたシリコン製のパッキンで、高い密閉度を保てる保存容器です。フタの開閉は赤いバルブを持ち上げたり押したりして行います。においが強い料理や湿気を嫌う食品の保存に最適です。

密閉パック
¥1,155(税込)~

パックぼうる

パックぼうる

フタが付いていて、冷蔵庫や冷凍庫内で重ねて収納可能なアイテムです。冷蔵庫・冷凍庫内のデッドスペースを減らすことができます。また、保存容器ではなくボウルとしても活用できるので、ブロッコリーを水洗いする際などにも使えて便利です。

パックぼうる
¥880(税込)~

冷凍保存でブロッコリーを長持ちさせよう

冷凍保存を活用すれば、ブロッコリーを長持ちさせられます。おいしさだけではなく、豊富な栄養を保つことにもつながるので、すぐに食べないブロッコリーは冷凍保存するのがおすすめです。
今回ご紹介したコツや保存容器を活用して、ブロッコリーを上手に冷凍保存してみてはいかがでしょうか。


関連記事