3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

冷凍保存で大根を無駄なく使いきろう! 具体的な手順をご紹介

冷凍保存で大根を無駄なく使いきろう! 具体的な手順をご紹介

煮物や汁物、炒め物にサラダなど、さまざまな料理に使えて便利な大根。
しかし、1本丸ごと買うとサイズが大きいため、使いきる前に傷んでしまうことも考えられます。大根を長期間保存するためには、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、大根を長持ちさせるのに最適な冷凍保存の方法をご紹介します。


大根は冷凍保存するのがおすすめ!

大根は冷凍保存するのがおすすめ!

大根をすぐに食べきるのが難しい場合は、冷蔵ではなく冷凍保存するのがおすすめです。ここでは、大根を冷凍保存するメリットをご紹介します。

味がしみ込みやすくなる

大根は、非常に多くの水分を含んでいる野菜です。食材を冷凍すると、内部の水分が氷の結晶になって体積が増え、細胞壁を破壊します。
冷凍して細胞が破壊された大根は軟らかくなり、中心まで味がしみ込みやすくなるのです。
食感が変わるためサラダなどの生食には向きませんが、煮物や汁物など、味をしみ込ませたい料理にかかる時間を減らせます。

また、冷凍すると火が通りやすくなるので、加熱時間を短くできるのもメリットのひとつです。

保存期間が延びる

通常、大根を冷蔵庫の野菜室で冷蔵すると、保存期間の目安は1週間程度です。しかし、冷凍保存だと保存期間が1ヶ月ほどに延びます。
大根を長持ちさせたい場合は、冷凍保存を活用するのがおすすめです。

大根を冷凍保存する手順

大根を冷凍保存する手順

大根はさまざまな方法で冷凍することができます。どのような料理に使うかに応じて、冷凍方法を使い分けると便利です。
大根を冷凍保存する方法と、それぞれの手順をご紹介します。

生のまま冷凍する

大根は、熱を通さず生のままで冷凍できます。
使用する料理に応じて適当なサイズに切ってから冷凍しておくと、すぐ調理に使えて便利です。

生のまま冷凍する手順

1.葉っぱの部分を切り落とし、皮を剥く
2.いちょう切りや輪切り、短冊切りなど、用途に合わせて使いやすい大きさに切る
3.キッチンペーパーなどで水気を取り、小分けにしてラップで包む
4.保存容器に入れて冷凍する

大根の皮は、少し厚めに剥いておくのがポイントです。厚めに剥くことで、食感が筋っぽくなるのを防げます。

調味液に漬けて冷凍する

大根に味をしみ込ませたい場合は、調味液に漬けて保存するのもおすすめです。
冷凍している間にも味がしみ込んでいくので、漬物などを簡単に作ることができます。
また、冷凍による食感の変化も少なくなるので、食感を残したまま煮物やおでんなどを作りたい場合も、調味液に漬けて保存しておくと良いでしょう。

大根おろしにしてから冷凍する

大根おろしにしてから冷凍するのも便利です。食事の度に大根をすりおろす必要がなくなり、冷凍庫から出してすぐに食べられます。
他の冷凍方法に比べて味や食感の変化も少ないので、生の時と同じ感覚で使えるのも魅力です。

大根おろしを冷凍する方法

1.大根をすりおろしたら、ザルなどに入れて水を切る
2.ラップなどで1食分ずつ小分けにして、密閉できる容器に保存する

大根おろしを冷凍する際は、水を抜きすぎると食感が悪くなる点に注意が必要です。
手でぎゅっと絞るように水気を切るのは避け、自然に水切りを行いましょう。

葉の部分も冷凍しておこう

葉が付いたままの大根は水分や栄養が抜けやすく、すぐに味が落ちてしまいます。
冷凍する前に、葉を切り落としておくことが大切です。ただし、切り落とした葉の部分は栄養が豊富なので、大根と一緒に冷凍保存しておくことをおすすめします。

大根の葉の冷凍方法

1.切り落とした葉を水洗いしたら細かく刻む
2.塩もみして、緑色の汁が出てきたら流水で洗う
3.水気を絞ったらラップなどで小分けにして、保存容器に入れて冷凍庫で冷凍する

冷凍した大根の使い方

冷凍した大根の使い方

冷凍した大根は水分が抜けてしまいます。食感や風味が冷蔵していたものとは異なるので、サラダなどの食感を楽しむ料理には向きません。
おでんや煮物、ふろふき大根、お味噌汁の具材など、味をしみ込ませた方がおいしい料理に使うのがおすすめです。

大根を解凍する際に電子レンジや流水を使うと、苦みや辛みが出ることがあります。
すぐに解凍したい時以外は使用を避け、基本的には冷蔵庫内で自然解凍を行いましょう。汁物に使用する場合は、解凍せずに使うこともできます。
また、大根おろしにして冷凍したものは、自然解凍してそのまま使用可能です。

大根の冷凍保存に便利なiwakiの冷凍保存容器

大根の冷凍保存には、iwakiの保存容器を活用するのがおすすめです。
iwakiで取り扱っているおすすめの冷凍保存容器を、何点かご紹介します。

パック&レンジ

保存容器、食器、調理道具の3役をこなせるアイテムです。
フタをしたまま電子レンジ調理が行えるので、調理済みの大根を冷凍している場合は、電子レンジで軽く解凍するだけですぐに食卓に並べられます。

パック&レンジ
パック&レンジ
¥880(税込)~
パック&レンジ(深型)
パック&レンジ(深型)
¥880(税込)~

パック&レンジ(Shinzi Katohシリーズ)

デザイナーや絵本作家として活躍している、シンジカトウのデザインがあしらわれた、可愛らしいパック&レンジです。
食事の時間を明るく彩りたい方は、こちらのシリーズを選んでみてはいかがでしょうか。

パック&レンジ 森の中で
パック&レンジ 森の中で
¥1,100(税込)~
パック&レンジ 北欧の庭
パック&レンジ 北欧の庭
¥1,100(税込)~

NEW パック&レンジ

フタの開閉が柔らかくなったパック&レンジです。
におい移りや変色が少なく、本体とフタを両方とも食洗機で洗えるため、清潔に使うことができます。

NEW パック&レンジ
NEW パック&レンジ
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

フタのバルブで簡単に密閉できる、密閉性の高い保存容器です。においや液が漏れにくいので、煮物などの保存にも適しています。
また、フタをしたまま電子レンジで加熱できるのも魅力です。

密閉パック&レンジ
密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

密閉パック

シリコン製のパッキンで高い密閉度を保てる保存容器です。
フタの開閉は赤いバルブを持ち上げたり押したりするだけと、簡単に使うことができます。
においが強い料理や、湿気を嫌う食品の保存に最適です。

密閉パック
密閉パック
¥1,155(税込)~

パックぼうる

冷蔵庫内や冷凍庫内で重ねて収納できる、フタの付いたボウルです。冷蔵庫や冷凍庫内のスペースを有効活用できます。
また、サイズ違いは入れ子にして収納できるため、複数のサイズを用意するのもおすすめです。

パックぼうる
パックぼうる
¥880(税込)~

大根は冷凍して無駄なく使いきろう

大根の冷凍方法を知っておけば、丸ごと1本買ったとしても悪くなる前に使いきることができます。
また、冷凍した大根は味がしみ込みやすくなったり火が通りやすくなったりするので、料理の時短テクとして活用できるのも魅力です。

おいしく便利に大根を食べきりたい方は、冷凍保存を活用してみてはいかがでしょうか。


関連記事