3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

おいしさを保ったままトマトを冷凍保存する方法とは? コツや注意事項も解説

おいしさを保ったままトマトを冷凍保存する方法とは? コツや注意事項も解説

生のままサラダにしたり、煮込み料理やソースにしたりと、トマトはさまざまな料理に使える便利な野菜です。
しかし、安売りなどでたくさん買ったものの、一度に使え切れずに余らせてしまうことも考えられます。

そのような際は、トマトを冷凍保存するのがおすすめです。
ここでは、トマトを冷凍保存するメリットや方法などをご紹介します。


余ったトマトは冷凍保存がおすすめ

余ったトマトは冷凍保存がおすすめ

通常、トマトを冷蔵庫の野菜室で保存した場合、保存期間は1週間程度です。
一方で冷凍保存なら、おいしさを損なわずに1ヶ月ほどは保存できます。
冷凍するとトマトの水分が膨張して細胞が壊れるため、生の状態に比べてうまみが出やすくなるのもメリットです。

また、冷凍したトマトは、水に浸けるだけで簡単に皮をむくことができます。
火であぶったり湯むきをしたりする必要がないので、調理の時短につながる点もメリットです。

トマトを冷凍する方法

トマトを冷凍する方法

トマトは、丸ごとでも適当な大きさに切った状態でも冷凍可能です。
用途に応じて、適切な方法を使い分けるようにしましょう。
トマトを冷凍する具体的な手順やコツをご紹介します。

丸ごと冷凍する方法

冷凍前の下処理が少なく、幅広い料理に使える方法です。冷凍時の手間を減らしたい場合は、丸ごと冷凍すると良いでしょう。

丸ごと冷凍する方法

1.トマトをよく洗い、包丁でヘタを取り除く
2.キッチンペーパーなどで水気を拭き取る
3.空気に触れないように保存容器に入れ、冷凍庫で保存する

ヘタの部分には雑菌がつきやすいうえ、冷凍後は取り除きにくくなるため、冷凍前に取り除いておくのがポイントです。
また、お弁当などに便利なミニトマトも同じ方法で冷凍できます。

切ってから冷凍する方法

冷凍庫内のスペースを節約したり、少量のトマトを使ったりしたい場合は、切ってから冷凍する方法がおすすめです。

切ってから冷凍する方法

1.トマトをよく洗い、包丁でヘタを取り除く
2.好みの大きさにカットする
3.空気に触れないよう保存容器に入れ、冷凍庫で保存する

カットする大きさは、ざく切りやくし切りなど、使いやすい大きさで構いません。
カットしたトマト同士が重ならないように冷凍すると、必要な分だけ取り出しやすいです。
また、トマトは種やゼリー状の部分にもうまみがあります。冷凍時に取り除かないようにしましょう。

冷凍する際のポイント

トマトをおいしく冷凍する際は、時間をかけずに凍らせることが大切です。
冷凍庫の設定温度を下げたり、急速冷凍機能を活用したり、熱伝導が良い金属製のトレーにのせて冷凍すると良いでしょう。
トレーにのせて冷凍する場合は、トマト同士が重ならないようにするのがポイントです。

また、冷凍庫の開け閉めも極力減らすようにしましょう。庫内の温度上昇を防ぎ、冷凍までにかかる時間を短くできます。

トマトは凍ったまま調理するのがおすすめ

トマトは凍ったまま調理するのがおすすめ

冷凍したトマトは、生の状態とは食感が変わってしまうため、サラダなどの生食には向きません。
煮込み料理やスープ、トマトソースなど、加熱調理に使うのがおすすめです。

また、解凍する際に水分やうまみが流れ出てしまうため、基本的には自然解凍や電子レンジ解凍なども不要です。
凍ったままのトマトを、そのまま鍋やフライパンに加えて調理しましょう。

鮮度の良いトマトの選び方

鮮度の良いトマトの選び方

トマトをおいしく冷凍保存するには、新鮮なトマトを選ぶことも大切です。
トマトを選ぶ際は、以下の点を確認してみてください。

・ヘタ部分が濃い緑色で、皮全体に色ムラがなくツヤがある
・きれいな丸みのある形状をしている
・手に持つとしっかり重みがある

また、新鮮なトマトは、お尻の部分から伸びる白い線(スターマーク)がはっきりと出ています。
色などで判断が難しい場合は、スターマークを確認してみてください。

トマトの冷凍保存におすすめ! iwakiの保存容器

iwakiの耐熱ガラス製保存容器は、トマトの冷凍保存に活用するのもおすすめです。
冷凍庫から取り出したトマトを、そのまま電子レンジで温めてスープにするといった使い方もできます。

ここからは、iwakiで取り扱っているおすすめの冷凍保存容器をご紹介します。

パック&レンジ

食器や調理道具として使いやすい保存容器です。フタをしたままでも電子レンジ調理に対応しています。
また、たくさんのものを入れられる容量1Lの深型は、食器の用途で使いやすくおすすめです。

パック&レンジ
パック&レンジ
¥880(税込)~
パック&レンジ(深型)
パック&レンジ(深型)
¥880(税込)~

パック&レンジ(Shinzi Katohシリーズ)

デザイナーや絵本作家として活躍している、シンジカトウのデザインがあしらわれているパック&レンジです。
側面の可愛らしいデザインが、食事の時間を明るく彩ります。

パック&レンジ 森の中で
パック&レンジ 森の中で
¥1,100(税込)~
パック&レンジ 北欧の庭
パック&レンジ 北欧の庭
¥1,100(税込)~

NEW パック&レンジ

フタの開閉が柔らかくなったパック&レンジです。フタをしたまま電子レンジ調理に対応し、フタを外せばオーブン加熱もできます。
また、フタと本体はどちらも食洗器に対応。洗い物の手間を減らし、いつでも清潔に使える点も魅力です。

NEW パック&レンジ
NEW パック&レンジ
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

フタについたバルブで簡単に密閉できる保存容器です。
におい漏れや液漏れに強く、水気が多いトマトの保存にも適しています。作り置きしたいトマト料理の保存にも便利です。

密閉パック&レンジ
密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

密閉パック

シリコン製のパッキンで、高い密閉度を保てる密閉容器です。
フタについた赤いバルブを押すだけで、簡単に密閉できます。
においが強い料理や湿気を嫌う食品の保存にもおすすめです。

密閉パック
密閉パック
¥1,155(税込)~

パックぼうる

フタがついていて、冷蔵庫や冷凍庫内に重ねて収納できるボウルです。
縦に容器を重ねられるので、冷凍庫内の限られたスペースを有効活用できます。
また、トマトの皮むきや和え物を作る際など、調理で便利に使える点も魅力です。

パックぼうる
パックぼうる
¥880(税込)~

冷凍保存を活用してトマトを長持ちさせよう

トマトは、冷凍保存によって保存期間を1ヶ月ほどまで延ばすことができます。
うまみをより引き出せる、皮をむきやすくなるといったメリットもあるため、すぐに使わないトマトは冷凍しておくのがおすすめです。
一度に使い切れなかったトマトは、iwakiの保存容器を活用して冷凍保存してみてはいかがでしょうか。


関連記事