おうちでおいしいアイスコーヒーを作ろう! アイスコーヒーメーカーの選び方のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

おうちでおいしいアイスコーヒーを作ろう! アイスコーヒーメーカーの選び方

おうちでおいしいアイスコーヒーを作ろう! アイスコーヒーメーカーの選び方

暑い時期になるとアイスコーヒーをよく飲むという方は多いと思われますが、自宅でアイスコーヒーをおいしく淹れるのは意外と難しいものです。自宅でもおいしいアイスコーヒーを飲みたいという方は、アイスコーヒーメーカーを用意してみてはいかがでしょうか。
ここでは、アイスコーヒーメーカーの選び方や、おうちでおいしいアイスコーヒーを作る際のポイントに加えて、iwakiがおすすめするコーヒーメーカーをご紹介します。


アイスコーヒーメーカーの選び方

アイスコーヒーメーカーの選び方

コーヒー豆やコーヒー粉を使ってアイスコーヒーを自宅で作れるアイスコーヒーメーカーは、たくさんの商品が販売されています。自宅でおいしいアイスコーヒーを淹れるためには、アイスコーヒーメーカーの種類も重要なポイントです。
まずは、おいしいコーヒーを淹れるために確認しておきたい、アイスコーヒーメーカーの選び方のポイントをご紹介します。

飲む量に合わせて容量を決める

1回で抽出できるアイスコーヒーの量は、コーヒーメーカーによって異なります。どれくらいの量を飲みたいかを踏まえて、必要な容量がある商品を選ぶと、使い勝手が良くなります。

例えば、1日分をまとめて抽出して作り置きしたい、家族や来客など複数人でアイスコーヒーを飲むことが多いという方は、大容量のものだと便利です。
600ml~1Lくらいの容量がある商品なら、アイスコーヒー1杯が200ml弱だと仮定した場合でも、1回の抽出で3~5杯程度は作れる計算になります。

一方で、1人で楽しむことが多い、1回ずつドリップして淹れたてを楽しみたいという場合は、短時間で抽出できて容量の小さいタイプが便利です。

抽出方法から選ぶ

アイスコーヒーメーカーの抽出方法は、大きくドリップ式と水出し式の2種類に分けられます。コーヒーの味わいや抽出時間に関わってくるので、抽出方法の確認も大切です。

ドリップ式

ドリップ式のコーヒーメーカーは、通常のコーヒーを淹れる時と同じくお湯で抽出し、それを容器に入れた氷で冷やします。比較的短時間で抽出可能で、しっかりとしたコーヒーの香ばしさや苦味、香りを感じられる抽出方法です。
ただし、ドリップ式は酸味が出やすく、長時間置いていると味が落ちてしまうため、淹れたらできるだけ早く飲み切ることをおすすめします。

水出し式

水出し式では、コーヒー粉に水を注いで寝かせることで抽出します。水出し式で淹れた水出しコーヒー(コールドブリュー)は、苦みが少なくさっぱりとした味わいを感じられるのが魅力です。
コーヒーの酸化を防ぎやすく作り置きにも適していますが、抽出には半日ほどの時間がかかり、急な来客時や今すぐにコーヒーを飲みたいといったシーンでは使いづらさを感じる場合があります。

コーヒーメーカーのデザインも重要

コーヒーメーカーを選ぶ際は、容器のデザインも確認しておきましょう。例えば、水出し式の場合は冷やす際に冷蔵庫に入れておく必要があるため、庫内のドアポケットなどにしまえるデザインかどうかを確認しておくと、安心して使えます。

また、冬場の寒い時期は、アイスコーヒーメーカーを使う機会が減ることも考えられます。
収納場所があるかどうか、インテリアとして置いていておしゃれかなども、確認しておきたいポイントです。
コーヒーを季節問わず良く飲む方の場合は、ホットコーヒーも淹れられるタイプのコーヒーメーカーを選ぶようにしましょう。

おうちでアイスコーヒーをおいしく作るポイント

おうちでアイスコーヒーをおいしく作るポイント

アイスコーヒーはホットコーヒーに比べると香りを感じづらく、冷やす際に氷で味が薄まってしまうこともあります。おうちでもおいしいアイスコーヒー飲みたい方は、淹れる前に作り方のポイントを確認しておくと良いでしょう。

豆は深煎りのものを選ぶ

アイスコーヒーを淹れるのに使う豆は深煎りを選びましょう。ローストが浅い豆だと、酸味が出すぎたり味が薄くなったりしてしまいます。
一方で、苦味と深いコクが特長の深煎りなら、冷たくなったり氷で薄くなったりするアイスコーヒーでも、コーヒーの持つコクを感じやすいです。

濃い目に抽出して急速に冷やす

淹れたコーヒーを冷ますのに時間がかかると、その間に香りが飛んでしまいます。氷を使って急冷するのが、香りの立ったおいしいアイスコーヒーを淹れるコツです。
氷で薄まってしまうことを想定して、2杯分の粉を使って抽出量は1杯分に抑えるなど、ホットコーヒーの2倍程度の濃度で抽出することをおすすめします。

iwakiがおすすめするアイスコーヒーメーカー

iwakiでも、耐熱ガラス製のアイスコーヒーメーカーを取り揃えています。ガラス製なので、味を損なわずにコーヒーを楽しめるのが特長です。
ここでは、iwakiおすすめのアイスコーヒーメーカーを何点かご紹介します。

レンジのポット・コーヒー1000 ブラック

レンジのポット・コーヒー1000 ブラック

本体が耐熱ガラスでできていて、ホットもアイスもどちらも作れるコーヒーポットです。ホットコーヒーの場合は、時間が経って冷めたものを電子レンジで温め直すこともできます。

レンジのポット・コーヒー1000 ブラック
¥1,650(税込)

レンジのポット・ポット&ドリッパー ブラック

レンジのポット・ポット&ドリッパー ブラック

ドリッパーが付いていて、ドリップもできるようになっています。容量は1Lなので、ドリップしたコーヒーを大人数で一緒に飲むことができます。

レンジのポット・ポット&ドリッパー ブラック
¥1,980(税込)

NEWコーヒーハウス ブラック

NEWコーヒーハウス ブラック

こちらも、ドリッパーが付属した耐熱ガラス製のコーヒーポットです。ポット内にドリッパーを入れられる形状を採用しています。コンパクトな商品で、使わないときの収納も簡単です。

NEWコーヒーハウス ブラック
¥1,870(税込)

ドリップサーバー ブラウン

ドリップサーバー ブラウン

花びらの形をしたドリッパーでコーヒーをおいしく抽出できる、おしゃれなコーヒーサーバーです。容量は600mlあるので、複数人での使用にも適しています。

ドリップサーバー ブラウン
¥1,870(税込)

コーヒーポット・ビカ

コーヒーポット・ビカ

スタイリッシュでクールなデザインが魅力のコーヒーポットです。上質感がある見た目で、贈り物にも適しています。
ドリッパーは、ペーパーフィルターを線で支える形状を採用。布フィルターでコーヒーを淹れる「ネルドリップ」に近い味を実現しました。

コーヒーポット・ビカ
¥3,850(税込)

ウォータードリップコーヒーサーバー

ウォータードリップコーヒーサーバー

水とコーヒー粉をセットするだけで、簡単に水出しコーヒーが楽しめるコーヒーサーバーです。目印まで水を入れれば抽出が始まるので、難しい調整などは必要ありません。
また、水タンクのフタは取り外してポットのフタとしても使えるので、保存にも便利です。

ウォータードリップコーヒーサーバー
¥3,630(税込)

リラッサ・アイスコーヒーメーカー

リラッサ・アイスコーヒーメーカー

ドリップしながらコーヒーを冷やせる、急冷式のコーヒーメーカーです。ドリッパーには7つの穴が付いていて、アイスタンク内の氷に均一にドリップすることで急冷を実現しています。コーヒーの香りやコクを楽しみたい方におすすめです。

リラッサ・アイスコーヒーメーカー
¥2,640(税込)

水出しコーヒー&ティー角型サーバー(フィルター付)

水出しコーヒー&ティー角型サーバー(フィルター付)

シンプルで清潔感のあるデザインが魅力のアイスコーヒーサーバーです。角型のデザインで、冷蔵庫のドアポケットにもすっきりと収納できます。
水出しアイスコーヒーだけでなく、お茶を作る際に使うのも良いでしょう。熱湯を注いで熱湯消毒が可能なので、衛生面も安心です。

水出しコーヒー&ティー角型サーバー(フィルター付)
¥1,760(税込)

アイスコーヒーメーカーでおいしいアイスコーヒーを作ろう

ホットコーヒーに比べると香りが出づらく、味も薄まりやすいアイスコーヒーですが、アイスコーヒーメーカーを活用すれば、自宅でもおいしく作ることができます。
耐熱ガラス製で、ホットコーヒーを淹れる際にも使えるiwakiのコーヒーメーカーを用意して、おいしいコーヒーを自宅でも楽しんでみてはいかがでしょうか。


関連記事