コーヒー粉はどう保存する? 注意点やおすすめの保存容器を知って劣化を防ごうのページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

コーヒー粉はどう保存する? 注意点やおすすめの保存容器を知って劣化を防ごう

コーヒー粉はどう保存する? 注意点やおすすめの保存容器を知って劣化を防ごう

専門店などで購入したコーヒー粉を使って、自宅でおいしいコーヒーを飲んでいる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、コーヒーは劣化しやすい食品です。上手に保存できていないとすぐに鮮度が落ち、風味や香りが悪くなってしまいます。
では、コーヒーはどのように保存すれば良いのでしょうか。ここでは、コーヒー粉の風味を保つための注意点や、コーヒー粉の保存に使える保存容器の選び方などをご紹介します。


コーヒー粉や豆を保存する際の注意点

コーヒー粉や豆を保存する際の注意点

コーヒーは、焙煎してから時間が経つにつれて風味や香りが劣化していきます。自宅でもお店のようなおいしいコーヒーを楽しみたい場合は、淹れ方だけでなく保存方法にも気を配ることが大切です。
まずは、コーヒー粉や豆を自宅で保存する際のポイントを確認しておきましょう。

直射日光を避ける

コーヒー粉やコーヒー豆は、日光や紫外線に弱いです。劣化の一因になるため、保存の際は遮光性に優れた容器に入れておいたり、直射日光が当たらず温度が低めの冷暗所に置いたりしておく必要があります。

できるだけ空気に触れさせない

日光や紫外線だけでなく、空気もコーヒーが劣化する原因となります。コーヒー粉が空気に触れると酸化して風味が落ちるので、密閉容器などに入れて保存しましょう。

また、湿気によって風味が落ちることもあります。保存場所の湿度管理もポイントです。保存容器内の湿気を吸ってコーヒーがしけるのを防げるため、乾燥材を活用するのも良いでしょう。

開封後はできるだけ早く飲み切る

どれだけ上手に保存できていたとしても、コーヒーの劣化自体は避けられません。風味や香りはどんどん落ちて行くので、開封後1週間を目安に、できるだけ早く飲み切ることを心がけましょう。

すぐに飲み切るのが難しい場合は、冷蔵庫で保存するのもおすすめです。冷蔵庫に入れておけば、直射日光や高温からコーヒーを守れます。
ただし、冷蔵庫や冷凍庫から取り出す際の温度変化で結露が発生し、それが原因でしける恐れがあります。使用後はすぐ冷蔵庫に入れて、結露の発生を防ぐことが大切です。

コーヒー粉はどれくらい保存できる?

コーヒー粉はどれくらい保存できる?

コーヒー粉やコーヒー豆の賞味期限は商品や保存環境などによって変わりますが、コーヒーの風味や香りは豆の焙煎後2週間程度で落ちていく傾向にあります。
おいしく飲めるコーヒーという意味では、2週間が保存できる期間の目安と考えましょう。

ただし、コーヒー粉は豆の状態よりも空気に触れる面積が大きいです。酸化による風味の劣化が進みやすいため、早めに飲み切ることをおすすめします。

コーヒー粉用の保存容器の選び方

コーヒー粉用の保存容器の選び方

コーヒー粉を保存する際は、コーヒーキャニスターなどの保存容器を活用するのがおすすめです。空気や湿気を遮断して、コーヒーの鮮度をしっかり保つことができます。
コーヒー粉を保存する際に活用したい保存容器の選び方のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

容器のサイズで選ぶ

おいしくコーヒーを飲みたい場合は、粉を購入したり自分で挽いたりした後に、できるだけ早く飲み切ることが大切です。保存容器を選ぶ際は、1週間程度で飲み切れるコーヒー粉が入る容量を目安にしましょう。
少量のコーヒー粉を保存して、なくなる度に新しいものを買い足すようにすれば、コーヒーの劣化を防いで本来の味わいを保ちやすくなります。

コーヒー粉の保存には密閉容器がおすすめ

前述のように、コーヒーが劣化する要因のひとつとして、空気に触れたことによる酸化が挙げられます。空気に触れるのをできるだけ避けるために、密閉性に優れている密閉容器を選ぶのがおすすめです。
密閉容器はにおい移りなどにも強いので、冷蔵庫や冷凍庫に入れて保存する場合も、他の食材のにおいがコーヒーに移ることを防げます。

保存容器の素材も確認しておこう

保存容器の素材の確認も重要です。他の食材からだけでなく、保存容器のにおいがコーヒーに移ってしまうことも考えられます。コーヒー本来の香りを楽しみたい方は、におい移りの心配が少ないガラス製の保存容器を活用してみてはいかがでしょうか。
ただし、透明なガラス製の保存容器には遮光性がありません。直射日光の当たらない場所で保管するなど、容器を置く場所には注意が必要です。

コーヒー粉の保存におすすめのiwakiの密閉保存容器

iwakiが販売している耐熱ガラス製の保存容器は、におい移りに強いためコーヒー粉の保存にもおすすめです。ここでは、密閉性に優れていて、コーヒー粉の鮮度を保つことができる保存容器を何点かご紹介します。

密閉パック&レンジ

密閉パック&レンジ

フタにシリコン製のパッキンがついていて、高い密閉性を保つことができる保存容器です。
フタと本体がどちらも食洗機に対応しているので、コーヒー粉を新しく入れ直す際などの洗い物が簡単に行えます。
違う種類のコーヒー粉をいくつか飲み比べたいシーンなどで、香りが移ることを気にせずに使えて便利です。

密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

密閉パック

密閉パック

フタについたシリコン製のパッキンが高い密閉度を保つ、湿気を嫌うコーヒーの保存に適した保存容器です。スタッキングできるので、冷蔵庫内に入れて保存する際も場所を取りづらいのが魅力です。

密閉パック
¥1,155(税込)~

密閉クリアパック

密閉クリアパック

フタが透明で、どの角度からも中身を確認できる密閉容器です。引き出しなど、上から見下ろす形で中を確認する場所に置いて使うのにも適しています。
また、ガラス製の容器本体は食洗機に対応。洗い物が簡単に行え、におい移りの心配も少ないなど、清潔に使いやすい商品です。

密閉クリアパック
¥1,155(税込)~

保存容器でコーヒー粉の劣化を防ごう

コーヒー粉は、光や空気、湿気に弱く劣化しやすい食品のひとつです。鮮度を保ちおいしさを長持ちさせるためには、保存の際に気を付けたいポイントを知っておく必要があります。
今回ご紹介した注意点や保存容器を、コーヒーの保存にいかしてみてはいかがでしょうか。


関連記事