3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

ほうれん草は冷凍するのがおすすめ! 保存期間や冷凍方法をご紹介

ほうれん草は冷凍するのがおすすめ! 保存期間や冷凍方法をご紹介

栄養が豊富で彩りも良いほうれん草は、ソテーやおひたしなど、さまざまな料理に使えて便利な野菜です。しかし、冷蔵保存ではあまり日持ちしないというデメリットもあります。一度にたくさん消費することも考えにくく、おいしさを保ったまま使いきるのは難しいかもしれません。
ほうれん草のおいしさを損なわずに長期間保存したい方は、冷凍保存を活用するのがおすすめです。ここでは、ほうれん草を冷凍保存する方法や冷凍保存におすすめの保存容器などをご紹介します。


冷凍したほうれん草の保存期間

冷凍したほうれん草の保存期間

ほうれん草は冷蔵保存だと長持ちせず、そのままの状態だと3日程度で傷んでしまいます。
しかし、冷凍すれば1ヶ月程度は保存可能です。
冷凍しても栄養はあまり変わらないとされているので、おいしさや栄養を損なわずに長期間保存したい場合は、冷凍保存を活用するのがおすすめです。
そのまま保存した場合と比べて、味や栄養が完全に変わらないわけではありませんが、使いきれずにダメにするリスクは減らせます。

新鮮なほうれん草の見分け方

新鮮なほうれん草の見分け方

ほうれん草を上手に冷凍して長持ちさせるためには、新鮮なほうれん草を選ぶ必要があります。
新鮮なほうれん草を見分ける際は、葉が厚めで茎にハリがあるか、鮮やかな緑色かどうかの2点をチェックしておきましょう。また、根元が乾燥しておらず、みずみずしさを保っているものほど良いほうれん草です。
ただし、茎が太すぎるほうれん草はアクが強い場合もあるので、避けることをおすすめします。

ほうれん草の冷凍方法

ほうれん草の冷凍方法

ほうれん草を冷凍する方法は、生のままと茹でてからの2つあります。ほうれん草をどのような料理に使用したいかに応じて、冷凍方法を使い分けると良いでしょう。
ほうれん草の冷凍方法の具体的な手順は、以下の通りです。

生のまま保存

生のまま冷凍したほうれん草は、サラダや煮物、炒め物など、冷蔵したほうれん草と同じように使うことができます。

生のまま冷凍する方法

1.ほうれん草を洗い、根元の土や全体の汚れを落とす
2.水気をしっかりとふき取り、食べやすい大きさ(4cm程度)にざく切りにする
3.小分けにしてラップで包み、保存容器に入れて保存する

ほうれん草の葉っぱは凍ると砕けやすくなるので、小分けにして保存しましょう。茎や根元も分けて冷凍を行います。
また、根元は風味が豊かなので、捨てずに味噌汁の具材などに使うのがおすすめです。

茹でてから保存

茹でてから冷凍すると、カサを減らしてコンパクトに保存できます。冷凍庫の空きスペースが少ない場合は、茹でてから冷凍すると便利です。

茹でてから冷凍する方法

1.ほうれん草を洗い、根元の土や全体の汚れを落とす
2.ほうれん草をかために塩茹でする
3.茹であがったほうれん草を氷水につけ、色止めを行う
4.水気をしっかりと切ってから、食べやすい大きさに切る
5.小分けにラップで包み、保存容器に入れて保存する

茹でる際に使う塩は、お湯1Lに対して小さじ1が目安です。
また、茹でたほうれん草はミキサーなどでペースト状にしてから冷凍保存するのもおすすめです。離乳食などにそのまま使用できるので、解凍後の調理の手間を減らせます。
ただし、ペーストにしたほうれん草は傷みやすいので、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

冷凍したほうれん草のおすすめのレシピ

冷凍したほうれん草のおすすめのレシピ

冷凍したほうれん草は、解凍せずに凍ったままで加熱調理に使えます。サラダやおひたしなどに使いたい場合は、冷蔵庫で自然解凍してから使用しましょう。
生のまま冷凍していて、ほうれん草特有のえぐみが気になる場合は、凍ったまま軽く茹でてから使ってください。
茹でてから冷凍したものは、凍ったままのほうれん草にめんつゆをかけて自然解凍し、おひたしを作るのもおすすめです。

ほうれん草は保存容器に入れて冷凍しよう

冷凍したほうれん草は、葉が砕けやすくなっています。他の食材などに当たって葉っぱがバラバラになる恐れがあるので、ラップなどに包んだだけで冷凍庫に入れるのは避けましょう。ほうれん草を保存する際は、冷凍庫でも使える保存容器を活用するのがおすすめです。
ここからは、ほうれん草の冷凍保存に使えるiwakiの保存容器をご紹介します。

パック&レンジ

食器や調理道具としても活用できて、1つで3役をこなせる保存容器です。フタをしたまま電子レンジで加熱を行え、フタを外せばオーブン調理にも使用できます。冷凍庫から出したほうれん草を、そのまま解凍したり加熱調理したりできて便利です。
また、容量1Lで深さがある深型は、容器として使いやすい点も魅力です。

パック&レンジ
パック&レンジ
¥880(税込)~
パック&レンジ(深型)
パック&レンジ(深型)
¥880(税込)~

パック&レンジ(Shinzi Katohシリーズ)

デザイナーのシンジカトウのデザインがあしらわれているパック&レンジです。可愛らしいデザインで、食卓の時間を明るく彩れます。デザインは複数の種類があるので、好みに応じて選ぶこともできます。

パック&レンジ 森の中で
パック&レンジ 森の中で
¥1,100(税込)~
パック&レンジ 北欧の庭
パック&レンジ 北欧の庭
¥1,100(税込)~

NEWパック&レンジ

NEWパック&レンジ

フタの開閉が柔らかく、使いやすくなったパック&レンジです。本体だけでなくフタも食洗機で洗えるので、清潔に使うことができます。

NEWパック&レンジ
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

密閉パック&レンジ

フタにバルブが付いていて、しっかりと密閉できる保存容器です。バルブを押したり引いたりするだけで、フタは簡単に開閉できます。においや液が漏れにくいので、おひたしのような汁気のある料理や、においの強い料理の保存におすすめです。
また、フタをしたままでも電子レンジで加熱できるので、解凍などの際に手間がかかりません。

密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

密閉パック

密閉パック

フタに付いたシリコン製のパッキンで、高い密閉度を保てる密閉容器です。フタの開閉は、赤いバルブを持ち上げたり押したりして行います。においが強い料理や、湿気を嫌う食材の保存にも最適です。
円柱形状の容器なので、ペースト状にしたほうれん草の保存にも向いています。

密閉パック
¥1,155(税込)~

パックぼうる

パックぼうる

フタが付いていて、冷蔵庫・冷凍庫内で重ねて収納できるボウルです。縦方向に積めるので、冷凍庫内の限られたスペースを有効活用できます。
サイズ違いを入れ子にしてしまっておけるので、使わない時も場所を取りません。

パックぼうる
¥880(税込)~

冷凍保存でほうれん草のおいしさを保とう

葉物野菜で日持ちしないほうれん草は、保存方法を間違えるとすぐに傷んで食べられなくなってしまいます。おいしさや栄養を保ちながら長期間保存したい場合は、冷凍保存しておくのがおすすめです。
今回ご紹介した方法や容器を活用して、ほうれん草を保存してみてはいかがでしょうか。


関連記事