作りすぎた餃子は冷凍保存するのが便利! 保存や焼き方のコツをご紹介のページです。

3,000円(税込)以上で送料無料!(沖縄を除く)   レビュー募集中!詳細はこちら

作りすぎた餃子は冷凍保存するのが便利! 保存や焼き方のコツをご紹介

作りすぎた餃子は冷凍保存するのが便利! 保存や焼き方のコツをご紹介

作りたてがおいしい手作り餃子ですが、ついつい作りすぎて余らせてしまうこともあります。余った餃子は冷凍保存しておけば、後日すぐに料理に使えて便利ですが、冷凍したら皮がくっついてしまったという経験がある方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、餃子を冷凍保存する方法や、冷凍した餃子をおいしく焼くコツ、保存の際に便利な保存容器についてご紹介します。


作りすぎた餃子は冷凍保存しよう

作りすぎた餃子は冷凍保存しよう

作りすぎて余った餃子を冷蔵庫で冷蔵保存すると、3日程度で劣化してしまいます。冷凍保存ならば1ヶ月程度は保存できるので、作った後にすぐ食べる予定がない場合や、事前に料理の下ごしらえを済ませておきたい場合に便利です。

また、餃子を冷凍保存しておくと、ひき肉の組織が壊れて肉汁が多く出るようになります。ジューシー感が増しておいしく食べられるようになるのも、餃子を冷凍保存するメリットです。

餃子を冷凍する際のコツ

餃子を冷凍する際のコツ

餃子をただ冷凍庫に入れるだけでは、皮がくっついたり破けたりしておいしくなくなってしまいます。餃子をおいしく冷凍保存するためのコツを2つご紹介します。

具の水分を閉じ込める

餃子の具の水分が多いと、餃子同士がくっついたり皮が破けたりする原因になります。水分が出やすい野菜の量を減らしたり、厚めの皮を使って水分を染み出しづらくしたりといった工夫をすると良いでしょう。

また、具の仕上げに片栗粉を入れるのもおすすめです。片栗粉が野菜の水分を閉じ込めてくれるので、皮に水分が染み出しにくくなります。

バラバラの状態で保存する

餃子を1つずつバラバラの状態で保存しておけば、少量ずつ使えて便利です。小麦粉や片栗粉を打ち粉としてまぶしたり、餃子同士が重ならないように大きめの容器を活用したりするなど、餃子がくっつかないように注意しましょう。

また、冷凍する際はアルミホイルなど熱伝導率が良いアイテムを活用するのがおすすめです。急速冷凍することで、よりおいしさを逃がしづらくなります。

餃子を冷凍保存する方法

餃子を冷凍保存する方法

餃子を冷凍保存する具体的な方法は、焼く前に冷凍する方法と焼いてから冷凍する方法の2つです。それぞれの手順をご紹介します。

焼く前に冷凍保存する

焼く前の餃子を冷凍する方法は、具を餃子の皮で包んでから冷凍するか、別々に冷凍するかでさらに分かれます。

具を包んで冷凍する場合

1.成形した餃子を、熱伝導率の良いバットなどに並べる
2.バットには片栗粉や小麦粉で打ち粉をするか、ラップなどを敷いておく
3.餃子が重ならないように並べ、ラップをかけて冷凍する
4.冷凍できたら保存容器に移し替えて、冷凍庫で保存する

使いたい時に冷凍庫から出して焼くだけなので、料理の時短テクニックとしても使えます。熱伝導率の良いバットがない場合は、平たい容器にアルミホイルを敷き、その上にラップをかけて冷凍しましょう。

具と皮を別々に冷凍する場合

具は使う分ごとに小分けにしてラップで包んだら、保存容器に入れて冷凍しておきましょう。
皮は、皮同士がくっつかないように皮とラップを交互に重ねていきます。最後にラップで全体を包み、保存容器に入れて保存してください。

包んでから冷凍するよりも皮の保存に手間がかかりますが、具と皮を別々に冷凍しておけば、それぞれをべつの料理に活用できるので便利です。

焼いた後の餃子を冷凍する方法

焼きあがった餃子が余ってしまった際も、すぐに食べ切らない場合は冷凍保存しておきましょう。

焼いた餃子の冷凍方法

1.餃子を数個ずつラップなどで包んで小分けにする
2.密閉できる保存容器に入れ、そのまま冷凍する

焼いてから冷凍すると味が落ちてしまうので、できれば焼く前に保存しておくことをおすすめします。
解凍した際にパリパリ感がない場合は、オーブントースターやフライパンで軽く焼き直すようにしましょう。

冷凍した餃子のおいしい焼き方

餃子を冷凍保存する方法

焼く前に冷凍した餃子を自然解凍すると、具の水分が出て水っぽくなってしまいます。冷凍庫から取り出したら、時間をおかずに凍ったまま焼くのが、おいしい焼き方のコツです。

冷凍した餃子を中火で10分ほど蒸し焼きにし、水分を飛ばしたあとにごま油を回し入れると、きれいな焼き目をつけることができます。皮と具を別々に冷凍保存している場合は、冷蔵庫で自然解凍してから使いましょう。

また、焼き餃子にするだけでなく、スープに入れて水餃子のように楽しむのもおすすめです。

餃子の冷凍におすすめのiwakiの保存容器

餃子は冷凍用の保存袋でも冷凍できますが、保存容器を活用するのがおすすめです。餃子を冷凍する際におすすめのiwakiの保存容器をご紹介します。

パック&レンジ

パック&レンジ

保存容器・食器・調理器具と、1つで3役をこなせる保存容器です。透明な耐熱ガラス製なので、中身を一目で確認できます。また、におい移りに強く油汚れも落としやすいので、餃子の保存容器に最適です。

パック&レンジ
¥880(税込)~

NEWパック&レンジ

NEWパック&レンジ

フタの開閉が柔らかいパック&レンジです。フタをしたまま電子レンジで温められ、フタを外せばオーブン加熱もできるなど、焼いてから冷凍した餃子の温め直しにも適しています。
また、フタも本体も食洗機で洗うことができるので、洗い物の手間を減らせるのも魅力です。

NEWパック&レンジ
¥880(税込)~

密閉パック&レンジ

密閉パック&レンジ

フタとパッキンが一体になっていて、密閉性を高めたパック&レンジです。フタの中央についたバルブを押すだけで簡単に密閉できます。
におい漏れや液漏れといった心配がないので、ニンニクやニラを効かせた餃子を保存する際も安心です。

密閉パック&レンジ
¥1,210(税込)~

冷凍保存を使えば餃子料理の時短にも

焼く前の餃子を冷凍保存しておけば、料理の時短につながるだけでなく、使いたいときに使いたい分だけ焼けて便利です。また、作りすぎてしまった餃子を冷凍保存しておけば、ジューシー感が増して餃子をよりおいしく食べることができます。
冷凍庫に入れられる保存容器を活用して、餃子を冷凍保存してみてはいかがでしょうか。


関連記事